»
日付で探す
研究組織で探す
工学系
2019年6月18日

マイクロ波分光で光触媒を簡便に評価

オキシハライド光触媒能を約3倍に向上することに成功

大阪大学大学院工学研究科の鈴木肇特任研究員兼日本学術振興会特別研究員(ともに研究当時)、佐伯昭紀教授、京都大学大学院工学研究科の阿部竜教授らは、光触媒の性能を速く簡便に評価する手法を確立し、ビスマス系のオキシハライド光触媒の最適な焼結温度を導いた結果、光触媒能を従来の約3倍に向上させることに成功しま...

生命科学・医学系
2019年6月18日

日本の研究グループで初!Cosmetic Victories 2019 で最優秀賞を受賞

次世代制汗剤への新しいコンセプトの提案

大阪大学大学院薬学研究科先端化粧品科学(マンダム)共同研究講座の岡田文裕招へい教授らの共同研究グループは、次世代制汗剤の開発につながる研究を行っています。今回、ヒト汗腺の3次元構造の発汗収縮における時間的な変化を三次元ライブイメージング法(3次元の動きを動画で観る方法)により、明らかにしました。中島...

工学系
2019年6月18日

世界中が注目するグラフェンの社会実装へ。高感度かつ簡便なバイオセンシング手法を開発

アンモニア生成反応をリアルタイム計測し、ピロリ菌の検出・定量に成功

大阪大学産業科学研究所の小野尭生助教らの研究グループは、優れた物性を持つナノ材料グラフェンとマイクロ流体デバイスを組み合わせた新しいバイオセンシング手法を開発しました。 グラフェンは、二次元材料と呼ばれる非常にユニークな物性を持つナノ材料で、電気的に病原体などの標的を検出するバイオセンサーに最...

工学系
2019年6月17日

1000億分の1秒!?燃料電池中のイオンが移動する瞬間を世界初観測!

燃料電池の高性能化にむけた固体電解質の新しい評価指針として期待

大阪大学大学院基礎工学研究科の永井正也准教授らの研究グループは、宮崎大学工学教育研究部の奥山勇治准教授、パナソニック株式会社テクノロジーイノベーション本部の可児幸宗氏と共同でテラヘルツ周波数帯の電磁波を用いて燃料電池中の固体電解質におけるイオンが移動する瞬間の観測に成功しました。固体酸化物形燃料電池...

生命科学・医学系
2019年6月14日

体のもとになる多能性細胞に新発見!着床前胚での細胞同士のコミュニケーションで高品質に!?

iPS細胞、生殖医療の品質管理につながる成果

大阪大学大学院生命機能研究科の佐々木洋教授・橋本昌和助教は、マウスの着床前の胚発生において、体のもとになる多能性細胞のエピブラストが作られる際に、全てのエピブラスト細胞が高い品質を獲得するしくみを世界で初めて明らかにしました。 マウスやヒトなどの哺乳類の体は、着床前胚に存在する多能性細胞のエピブラ...

生命科学・医学系
2019年6月12日

マラリア原虫の分化の引き金となる宿主因子を明らかに

既存の医薬品がマラリアの予防薬となる可能性を示す結果

大阪大学微生物病研究所の山本雅裕教授(免疫学フロンティア研究センター兼任)らの研究グループは、肝臓期のマラリア原虫が赤血球期に分化するためには、宿主因子であるCXCR4が必須であることを明らかにしました。 マラリア原虫は、蚊を媒介してヒトやマウスに感染し、肝臓を経て赤血球に侵入、さらに増殖して...

2019年6月11日

受精卵の中で人工細胞核構造の構築に世界で初めて成功

細胞核が形成される仕組みの一端を明らかに

近畿大学生物理工学部(和歌山県紀の川市)、情報通信研究機構(東京都小金井市)、大阪大学(大阪府吹田市)の研究グループは、生命の基本設計図である「DNA」に着目して、DNAを結合させた微小ビーズ(DNAビーズ)をマウス受精卵の細胞質内に導入することでどのような生命現象が起こるかを観察し、人工的に細胞核...

生命科学・医学系
2019年6月11日

ポリリン酸が引き起こす蛋白質異常凝集体の形成機構を解明

高齢者に多いアミロイド病の予防・治療の進展に貢献

大阪大学蛋白質研究所後藤祐児教授のグループは、新潟大学医学部、福井大学医学部、ハンガリーのエトヴァッシュ・ローランド大学と共同で、透析アミロイドーシス(アミロイド病)の原因蛋白質であるβ2ミクログロブリンのアミロイド線維形成が、ポリリン酸によって促進されることを発見しました。ポリリン酸はリン酸が数珠...

自然科学系
2019年6月7日

室温で2倍以上に!圧力による電子バレーの制御により熱電性能の向上に成功

セレン化スズ系熱電材料の高性能化に期待

大阪大学大学院理学研究科の酒井英明准教授(JSTさきがけ研究者兼任、研究当時東京大学物性研究所客員准教授兼任)、元同理学研究科大学院生の西村拓也、大学院生の森仁志(博士課程後期)、黒木和彦教授、花咲徳亮教授らの研究グループは、東京大学物性研究所の徳永将史准教授と上床美也教授らの研究グループとの共同研...

生命科学・医学系
2019年6月7日

定説を覆す発見!分裂酵母が独特の核膜孔複合体アウターリング構造を持つことを解明

真核生物の進化の解明につながる発見

大阪大学大学院生命機能研究科の淺川東彦准教授、平岡泰教授の研究グループは、情報通信研究機構未来ICT研究所の原口徳子主任研究員の研究グループおよび大阪大学大学院理学研究科の小布施力史教授の研究グループとの共同研究で、分裂酵母の核膜孔複合体のアウターリング構造が、他の生き物で従来知られている構造とは全...

»

Tag Cloud

back to top