日付で探す
研究組織で探す
2016年12月8日

文豪・夏目漱石のアンドロイド「漱石アンドロイド」が完成

日本初、授業を行うアンドロイドを目指して

学校法人二松学舎の二松学舎大学大学院文学研究科と国立大学法人大阪大学大学院基礎工学研究科(石黒研究室)は、共同研究として、夏目漱石(以下、漱石)のアンドロイド「漱石アンドロイド」を製作し新たな文学研究やアンドロイドの受容性について研究する「教育現場にかかわる人間型ロボットの創成と活用に関する研究」を...

2016年12月7日

2次元ガラスはどこまでもやわらかくなる

スーパーコンピュータにより巨大な音波ゆらぎの存在を解明

東北大学金属材料研究所の芝隼人特任助教(前職:東京大学物性研究所)、山田泰徳元研究員(現職:中国・北京計算科学研究センター)は、名古屋大学大学院理学研究科の川﨑猛史助教、大阪大学大学院基礎工学研究科(前職:新潟大学大学院自然科学研究科)の金鋼准教授と共に、2次元平面内に並んだガラス固体は、結晶性物質...

2016年11月24日

廃棄物と水から“水素”を生成する触媒技術を開発

水素社会の実現に向け「ポータブル水素発生装置」開発に期待

大阪大学太陽エネルギー化学研究センター金田清臣特任教授と大学院基礎工学研究科満留敬人准教授らの研究グループは、工業廃棄物であるヒドロシラン類と水から次世代エネルギーである水素を効率的に発生させる金ナノ粒子触媒を開発することに成功しました。 水素は、燃やしても二酸化炭素が発生しないため最も有望な...

2016年11月17日

量子メモリへの書込・読出に光通信で成功!

量子セキュリティ通信長距離化実現の中核テクノロジーとして期待

大阪大学大学院基礎工学研究科 井元信之教授、NTT物性科学基礎研究所 向井哲哉主任研究員、情報通信研究機構(NICT)未来ICT研究所 三木茂人主任研究員および東京大学大学院工学系研究科 小芦雅斗教授の 研究グループは、量子情報処理に必要な量子メモリへの書込・読出を光通信技術を利用して実現することに...

2016年11月3日

熱伝導にも共振に似た現象がある事を発見!

微小物質の熱伝導率計測が可能に、熱交換効率の向上も

大阪大学大学院基礎工学研究科の荻博次准教授、石田秀士助教らの研究グループは、固体の熱拡散の固有モード(以下、「熱モード」と呼びます)を観測することに世界で初めて成功しました。 音の共振現象(音響モード)に「腹」や「節」が存在することは良く知られていますが、熱伝導にもこのような「モード」が多数に...

2016年10月4日

世界初!四重極型の電子スピン配列に由来する電気磁気効果の検出に成功

大阪大学大学院基礎工学研究科の木村健太助教、木村剛教授を中心とする大阪大学,東京工業大学,スイス連邦工科大学ローザンヌ校,ポールシェラー研究所,ラザフォード・アップルトン研究所の国際共同研究グループは、正四角台塔形状のスピンクラスターを基本構造ユニットに持つ銅酸化物Ba(TiO)Cu4(PO4)4...

2016年8月18日

夢の多機能電子素材マルチフェロイック物質を光で制御する新手法を発見

次世代メモリデバイス等への応用時の、新制御方法として期待

東北大学大学院理学研究科の松原正和准教授、大阪大学大学院基礎工学研究科の木村剛教授らは、新たな多機能電子素材として期待される「マルチフェロイック物質」において、機能創出の鍵を握る「らせん電子スピン配列」を、光により直接かつ可逆的に制御することに世界で初めて成功しました。近年、物質中で電気と磁気の性質...

2016年8月15日

老化に関与する物質AGEが、虫歯の進行を抑制することを発見

虫歯検出 ・全身疾患評価にも応用可能

大阪大学歯学部附属病院の三浦治郎助教、基礎工学研究科の荒木勉名誉教授らの研究グループは、蛍光によって象牙質内のAGEをとらえ、象牙質虫歯(齲蝕)の進行にAGEが影響を与えることを世界で初めて明らかにしました。組織の老化や糖尿病といった循環器系の疾患では、AGE(糖化最終産物)が組織内に蓄積することが...

2016年8月9日

新触媒を用いてメタセシス反応の70℃での発生に成功

工業プロセスにおけるエネルギー効率の改善が可能に

大阪大学大学院基礎工学研究科の真島和志教授、劒隼人准教授らの研究グループは、スイス連邦工科大学のChristophe Copéret教授の研究グループとパウル・シェラー研究所のOlga Safonova博士との共同研究において、シリカ表面に酸化タングステンを担持した固体触媒を身近な元素...

2016年6月17日

正四面体スピンによる熱力学への挑戦

ブリージングパイロクロア磁性体における新しい量子状態の観測

四面体の頂点にスピンが配置しお互いが反対向きに向きたがる場合、スピン同士にフラストレーションが生じるため(フラストレート磁性体)、複数の最安定状態が存在することが知られています。しかし物質中でこの状態が実現することは、絶対零度でエントロピーはゼロであるとする熱力学の第三法則と矛盾します。自然界はこの...

Tag Cloud

back to top