»
日付で探す
研究組織で探す
工学系
2017年6月22日

邪魔者ノイズを一分子計測に利用

"自然界の揺らぎ"を利用した生体模倣デバイス開発への応用に期待

赤井恵(大阪大学大学院工学研究科助教)及び桑原裕司(同工学研究科教授)らは、松本和彦(同産業科学研究所教授)及び小川琢治(同理学研究科教授)、葛西誠也(北海道大学量子集積エレクトロニクス研究センター教授)らの研究グループとの共同研究において、単一の単層カーボンナノチューブ素子に、あえて異物である大き...

生命科学・医学系
2017年6月22日

体温調節を担う汗腺の三次元構造の可視化に成功

熱中症や多汗症の解明や治療、次世代型制汗剤の開発に期待

大阪大学大学院薬学研究科先端化粧品科学(マンダム)共同研究講座の岡田文裕招へい教授、蛋白質研究所寄附研究部門の関口清俊教授、大学院医学系研究科情報統合医学皮膚科学講座の片山一朗教授の研究グループは、発汗時における汗腺収縮の解明につながるヒト汗腺の三次元構造を可視化することに、世界で初めて成功しました...

生命科学・医学系
2017年6月22日

脳全体を高速・精細に観察できる新技術を開発

脳疾患の機構と創薬研究に貢献

大阪大学大学院薬学研究科の橋本均教授、笠井淳司助教、未来戦略機構の勢力薫特任助教(薬学研究科招へい教員)らの研究グループは、脳の細胞や神経繊維レベルの微細な構造を識別できる分解能で、マウスや非ヒト霊長類の脳全体を高速に観察できるイメージング装置(FAST, block-face serial mic...

工学系
2017年6月21日

1400度でも使用可能な超高温耐熱材料を開発

航空宇宙産業応用、発電所C02削減につながる新技術

大阪大学大学院工学研究科の萩原幸司准教授、中野貴由教授らの研究グループは、1400℃以上の超高温での使用に耐えるタービンブレード用材料として開発中の、遷移金属とシリコンを組み合わせた遷移金属シリサイドであるNbSi2(ニオブダイシリサイド)/MoSi2(モリブデンダイシリサイド)を組み合わせた複相シ...

工学系
2017年6月19日

新機構を備えた複腕建設ロボット

ImPACT タフ・ロボティクス・チャレンジによる新しい災害対応重作業ロボットの開発

内閣府総合科学技術・イノベーション会議が主導する革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)タフ・ロボティクス・チャレンジ研究開発課題「災害対応建設ロボットの開発」(研究開発課題責任者:大阪大学大学院工学研究科 大須賀公一(おおすかこういち)教授、プログラム・マネージャー:東北大学大学院情報科学研究...

自然科学系
2017年6月16日

プレート境界断層での温度不均質の原因を解明

地震動予測への応用に期待

大阪大学大学院理学研究科廣野哲朗准教授グループの同研究科博士前期課程の加藤尚希(現所属、(株)東芝)らが、日本地球掘削科学コンソーシアムの支援を受けて参画したアルパイン断層掘削プロジェクトでは、オーストラリアプレートと太平洋プレートの境界であるアルパイン断層における層面上の大きな温度不均質を明らかに...

生命科学・医学系
2017年6月15日

脳波を利用することで無意識に英語のリスニング能力が向上

RとLの音の違いに反応する脳活動をニューロフィードバックで強化する技術を開発

国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT、理事長:徳田英幸)脳情報通信融合研究センター常明らの研究グループと国立大学法人大阪大学(大阪大学、総長: 西尾章治郎)大学院情報科学研究科では、国立大学法人北海道大学(北海道大学、総長:名和豊春)と共同で、無意識に英単語のリスニング能力を向上できるニューロ...

自然科学系
2017年6月13日

世界初、材料の超高速破壊を原子レベルで可視化!

航空宇宙分野などにおける高強度・高耐力材料の設計開発に新たな一歩

大阪大学大学院工学研究科の尾崎典雅准教授、Bruno Albertazzi研究員(現仏エコールポリテクニーク)、兒玉了祐教授(レーザー科学研究所所長兼任)、理化学研究所の矢橋牧名グループディレクター、犬伏雄一研究員(JASRI)らを中心とする日仏英露の国際研究グループは、理化学研究所放射光科学総合研...

生命科学・医学系
2017年6月13日

抗病原体分子をバランスよく配置して、免疫反応を効率化!

寄生虫「トキソプラズマ」など病原体に対する免疫反応に重要な因子を同定

大阪大学微生物病研究所の山本雅裕教授(免疫学フロンティア研究センター兼任)らの研究グループは、Gate-16(ゲート16)と呼ばれる宿主分子が、病原体含有小胞を形成する寄生虫「トキソプラズマ」や細菌「サルモネラ」のインターフェロンによる効率的な排除に必須であることを発見しました。 トキソプラズマや...

生命科学・医学系
2017年6月3日

マラリア感染が骨を黒くする

重要な熱帯感染症の隠れた病態を発見

大阪大学免疫学フロンティア研究センター (IFReC) の Cevayir COBAN(ジョヴァイア・チョバン)教授らの研究グループは、骨にマラリア原虫の生成物が蓄積することで骨に慢性的な炎症が起き、それが骨量減少の原因となっていることを発見しました。また、ビタミンD3類縁体であるアルファカルシドー...

»

Tag Cloud

back to top