»
日付で探す
研究組織で探す
生命科学・医学系
2017年8月10日

新生児の腎臓難病のメカニズムを解明

遺伝子異常がユビキチンリガーゼの輸送を阻害

大阪大学 大学院医学系研究科の貝森淳哉寄附講座准教授(先端移植基盤医療学)、猪阪善隆教授(腎臓内科学)らの研究グループは、新生児にみられる腎臓の難病、常染色体劣性遺伝性多発性嚢胞腎(ARPKD)における、のう胞形成、高血圧、肝繊維化の病態を統一的に説明するメカニズムを明らかにしました。 今回、貝森...

生命科学・医学系
2017年8月7日

幼児の眠りを変えるスマホアプリを開発!

東大阪市での社会実証へ

日本の幼児の睡眠が世界的にも短い現状を変えるために、大阪大学大学院大阪大学・金沢大学・浜松医科大学・千葉大学・福井大学連合小児発達学研究科(以下、連合小児発達学研究科)長の谷池雅子教授らの研究グループでは、東大阪市の保健所と共に、1歳半乳幼児健診に来所した幼児の保護者に、IT技術を用いて睡眠指導を行...

生命科学・医学系
2017年8月4日

世界初!細菌べん毛III型輸送装置ができるしくみを解明

全く新しいタイプの感染症薬の開発に期待

大阪大学大学院生命機能研究科の南野徹准教授、難波啓一特任教授(常勤)らの研究グループと同大学院理学研究科の今田勝巳教授の研究グループは、細菌べん毛を作るために必要なタンパク質輸送装置がべん毛の根元にできるしくみを世界で初めて明らかにしました。 細菌の細胞表層にはべん毛と呼ばれるタンパク質でできた細...

2017年8月1日

世界初 ミクログリア特異的分子CX3CR1の遺伝子変異と精神障害の関連を同定

名古屋大学大学院医学系研究科(研究科長・門松健治)精神医学・親と子どもの心療学の尾崎紀夫(おざきのりお)教授、Aleksic Branko(アレクシッチ ブランコ)准教授(責任著者)、石塚佳奈子(いしづかかなこ)助教(筆頭著者)、大阪大学大学院医学系研究科/生命機能研究科の山下俊英(やましたとしひで...

生命科学・医学系
2017年7月31日

“切らない組織診断”でリアルタイムにがんを診断

最新のイメージングで低侵襲、迅速に大腸がんを診断する方法を開発

大阪大学大学院医学系研究科の松井崇浩特任助教(常勤)、石井優教授(免疫細胞生物学)、森正樹教授(消化器外科学)らの研究グループは、固定、染色などの工程を行わずに、生きた組織のまま大腸の深部まで迅速に観察でき、大腸がんをリアルタイムに診断できる方法を開発しました。 従来のがん診断には、病変部から組織...

自然科学系
2017年7月31日

ゲルマニウム電子デバイス構造中での室温スピン伝導を実証

次世代半導体素子の実現への道を切り拓く成果

大阪大学大学院基礎工学研究科の浜屋宏平教授と東京都市大学総合研究所の澤野憲太郎教授の共同研究グループは、高性能なスピントロニクス材料(ホイスラー合金)とゲルマニウムへの原子層不純物ドーピング技術を併用した独自のスピン注入・検出技術により、次世代の半導体チャネル材料として応用が期待されている『ゲルマニ...

生命科学・医学系
2017年7月25日

染色体の分配装置が形成される仕組みを解明

染色体異常を伴う疾患の原因解明に期待

大阪大学大学院生命機能研究科の深川竜郎教授らの研究グループは、染色体が次世代の細胞へ伝わる際に重要なセントロメアが形成される仕組みを明らかにしました。染色体の伝達には、セントロメアと呼ばれる分子装置が重要であり、その元としてCENP-Aと呼ばれる分子が関与することはわかっていました。しかしながら、セ...

生命科学・医学系
2017年7月25日

世界初!経カテーテル技術を用いた重症心不全治療に成功!

人工弁機能不全を有する心移植待機拡張型心筋症患者に対する経カテーテル的僧帽弁植込み術

大阪大学大学院医学系研究科の澤芳樹教授(心臓血管外科)らのグループは、これまで重症心不全患者に対する筋芽細胞シート移植など、多岐にわたる重症心不全治療の開発を進めてきました。また、低侵襲心臓手術として期待が高まっている経カテーテル的弁置換術においても、累計500例を超える経験があり、大阪大学医学部附...

工学系
2017年7月18日

単純構造のシリコン太陽電池で変換効率20%達成

発電コスト低減に大きく寄与

大阪大学産業科学研究所の小林光教授と今村健太郎助教らの研究グループは、10秒~30秒の簡単な溶液処理によって、3%以下の反射率のシリコンウェーハを形成する方法を開発しました。この技術を結晶シリコン太陽電池に用いて、反射防止膜を形成しない極単純な構造の太陽電池で、20%の変換効率を達成しました。 従...

工学系
2017年7月18日

新機能デバイスへの応用に期待

酸化物セラミックスの3次元的立体構造作製に成功

大阪大学産業科学研究所の田中秀和教授、神吉輝夫准教授とイタリア・ジェノバ大学の研究グループは、金属-絶縁体相転移に伴う巨大な抵抗変化を示す機能性酸化物セラミックスにおいて、新たな3次元造形の開発により、単結晶酸化物フリースタンディングナノワイヤの作製に成功しました。これにより、従来の100分の1の消...

»

Tag Cloud

back to top