日付で探す
研究組織で探す
2014年12月1日

手軽に多発性硬化症を治療できる可能性も!

発酵乳製品ケフィアに含まれる酵母で実証

大阪大学大学院医学系研究科情報統合医学講座(神経内科学)の高田和城医員、中辻裕司准教授、望月秀樹教授らは、ソチなどがあるコーカサス地方に1000年以上前から伝わるケフィアという発酵食品に含まれている酵母カンジダ・ケフィールが、多発性硬化症や炎症性腸疾患の疾患モデル動物で症状改善に有効であることを見出...

2014年11月18日

運動がうつ病予防・改善に役立つメカニズムを解明

こころの健康を目指して

大阪大学大学院医学系研究科解剖学講座(神経細胞生物学)近藤誠助教、島田昌一教授は、セロトニン3受容体が、運動のもたらす抗うつ効果や海馬の神経細胞の新生に重要な役割を果たしていることを明らかにしました。 運動は、脳の神経細胞や動物の情動・記憶に多くの有益な効果があることが知られていましたが、なぜ運動...

2014年11月14日

多発性硬化症で神経が傷つけられる仕組みを解明

神経疾患に対する新たな治療法開発に期待

大阪大学大学院医学系研究科解剖学講座(分子神経科学)の山下俊英教授らは、独立行政法人科学技術振興機構(JST)戦略的創造研究推進事業の一環で多発性硬化症で中枢神経が傷つけられるメカニズムを発見しました。 多発性硬化症は免疫系の異常によって中枢神経に炎症が生じ、神経が傷つけられる難病で、手足の麻痺や...

2014年10月14日

癌と代謝の新しいメカニズムを発見!!

生活習慣と癌との関係性が蛋白質から明らかに

大阪大学大学院医学系研究科癌創薬プロファイリング学共同研究講座の石井秀始特任教授(常勤)、大阪大学大学院医学系研究科外科学講座(消化器外科学)の森正樹教授らの研究グループは、生活習慣病でも重要な「代謝」のプロセスと、「癌」の転移のプロセスを結びつける新たな分子メカニズムを明らかにしました。今回明らか...

2014年8月22日

学習能力の発達を調節するタンパク質を発見!

成長期でのはたらきが、おとなの脳機能を左右する

大阪大学大学院 連合小児発達学研究科の橋本亮太准教授らのチームは「αキメリン」というタンパク質に注目し、このタンパク質が脳の機能にどのような影響を与えているかを調べました。αキメリンにはα1型(α1キメリン)とα2型(α2キメリン)がありますが、それらの遺伝子をさまざまに改変したマウスを作り、行動実...

2014年7月29日

心臓の血管新生の新メカニズムを解明

心筋梗塞などの新しい治療法開発へ光

大阪大学大学院医学系研究科内科学講座(循環器内科学)の中岡良和助教(JST・さきがけ研究者兼任)、有田陽大学院生、坂田泰史教授らの研究グループは、心臓の血管新生に関する新しいメカニズムを発見し、心臓の循環を支える冠動脈と冠静脈の形成は別の増殖因子で制御されることが初めて明らかになりました。 これま...

2014年7月15日

うまれつき肝臓に病気があるこどもたちに光明!

「進行性家族性肝内胆汁うっ滞症」を原因としたかゆみに有効な薬剤を世界で初めて発見

大阪大学大学院医学系研究科情報統合医学講座(小児科学)の近藤宏樹助教、長谷川泰浩医員、大薗恵一教授と東京大学の共同研究グループは、尿素サイクル異常症の治療薬であるフェニルブチレートが、うまれつきの肝臓の病気である「進行性家族性肝内胆汁うっ滞症」を原因としたかゆみを改善させる効果があることを、世界で初...

2014年6月20日

ALS等の発症の鍵を握る蛋白質Ataxin-2の機能を特定

神経難病の解明への貢献に期待

大阪大学大学院医学系研究科の河原行郎教授らの研究グループは、筋萎縮性側索硬化症(ALS)、遺伝性脊髄小脳変性症2型(SCA2)、パーキンソン病などの複数の神経変性疾患の発症の鍵を握るAtaxin-2蛋白質の機能を明らかにしました。これまでAtaxin-2は神経変性疾患に関連することは知られていました...

2014年5月20日

脳梗塞の悪化を防ぐ新しいメカニズムを発見

脳梗塞治療に新たな可能性! 新規の治療薬開発に期待

大阪大学大学院医学系研究科の森下竜一寄附講座教授、同連合小児発達学研究科の中神啓徳寄附講座教授、島村宗尚寄附講座准教授の研究グループは、脳梗塞の悪化を制御する新たなメカニズムを発見しました。脳梗塞の既存の治療法として、血栓を溶解する治療法(t-PA)や脳梗塞後に生じる活性酸素の作用を抑制する治療薬(...

2014年5月15日

脳マラリアの新たな診断と治療のターゲットを発見

嗅覚に重要な「嗅球」が原虫と免疫の主戦場?

大阪大学 免疫学フロンティア研究センター(iFReC) マラリア免疫学研究室のジェヴァイア・チョバン(Cevayir Coban) 准教授らの研究グループは、脳マラリアの新たな診断と治療のターゲットを発見しました。世界の多くの地域でいまだに多数の患者と死者をだしているマラリア感染において、昏睡、高熱...

Tag Cloud

back to top