日付で探す
研究組織で探す
2014年5月13日

極限的な量子状態制御を用いた新しい量子情報・基礎物理学実験に期待

イオントラップを用いて量子回転子を実現し、トンネル効果中の量子位相を初めて観測

大阪大学大学院基礎工学研究科の占部伸二教授らの研究グループは、イオントラップ中に極低温状態の3個のカルシウムイオンを三角形に配列させて、ミクロンサイズの量子回転子を作り、これを使ってトンネル粒子によるアハラノフ・ボーム効果を実証することに成功しました。量子回転子は、二つの安定な状態の間を量子力学的な...

2014年5月13日

世界初、室温でNMR信号を1万倍以上に増大

NMR分光やMRIの高感度化への応用、基礎物理学への貢献に期待

大阪大学基礎工学研究科システム創成専攻電子光科学領域の北川勝浩教授の研究グループは、試料を室温に保ったままNMR(核磁気共鳴)信号を1万倍以上大きくすることに世界で初めて成功しました。これは、化学分析に用いられるNMR分光や医療に用いられるMRI(核磁気共鳴画像)の飛躍的な高感度化に道を拓くものです...

2014年4月8日

量子コンピュータ実現に向けた、長寿命量子メモリ構築への新しいアプローチの発見

超伝導磁束量子ビット・ダイヤモンド系における隠れた量子状態の発見と解明

日本電信電話株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:鵜浦 博夫 以下、NTT)と大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立情報学研究所(東京都千代田区、所長:喜連川 優 以下、NII)、国立大学法人 大阪大学(大阪府吹田市、総長:平野 俊夫 以下、大阪大学)は、超伝導磁束量子ビットとダイヤ...

2014年4月7日

「右巻き、左巻きらせん」電子雲の歪み配列の可視化に成功

「電子軌道配列の鏡像異性」という概念を提唱し実証

理化学研究所放射光科学総合研究センターの田中良和専任研究員と、大阪大学大学院基礎工学研究科の木村剛教授を中心とする共同研究グループは、らせん状に配列した電気四極子(電子雲の歪み)を起源とする鏡像構造(キラリティ=右手と左手の関係を持つ構造)という概念を提唱し、実証しました。 元素の周りの電子雲の広...

Tag Cloud

back to top