« »
日付で探す
研究組織で探す
2014年9月8日

また困難を実現?!接着剤を使用せずフッ素樹脂とゴムを強力に接合

安全性の高いオイルフリーな注射器のピストンなどへの応用に期待

大阪大学大学院工学研究科附属超精密科学研究センターの山村和也准教授、大久保雄司助教、石原健人(博士前期課程1年)らの研究グループは、接着剤を使用することなく、フッ素樹脂とブチルゴムを強力に接合することを可能にしました。 商品名“テフロン”で知られるポリテトラフルオロエチレン(PTFE)は、フッ素樹...

2014年9月4日

優れた水素吸蔵特性をもつ新物質を合成!

~石油代替エネルギーの実現に向けて~

大阪大学大学院理学研究科の高見剛助教、分析機器測定室の川村和司技術職員は、自己組織化を利用して従来手法よりも容易な合成手法を用いることによって、2つの分子が1次元方向に連なった、新物質1次元2量体の合成に成功しました。また、この物質に含まれる特徴的な1次元空間を水素吸蔵に利用すると、本物質の吸蔵量は...

2014年9月2日

細菌べん毛モーターは伸び縮みにより活性化 ~立って働き、しゃがんで休憩~

最新技術でも実現できない高性能ナノマシン「べん毛モーター」のしくみが明らかに

大阪大学大学院理学研究科の今田勝巳教授らの共同研究グループは、これまで大きな謎だった細菌のべん毛モーターが活性化するしくみを明らかにしました。 べん毛モーターは、イオンの濃度差をエネルギー源とし、100%に近い高いエネルギー変換効率で高速回転するなど、現在の技術では人工的に実現できない高性能なナノ...

2014年8月29日

守護神が実は破壊者にも!?DNA修復機構はいつでもどこでも守らず、時には壊す側に

大阪大学蛋白質研究所の寺澤匡博特任研究員、篠原美紀准教授の研究グループは、ヒト細胞を用いて、細胞内機能(DNA修復機構)が分裂期に限ってはたらいてしまうと遺伝情報の源であるゲノムDNAを破壊してしまうことを発見しました。 DNA修復機構は、ゲノムDNAが放射線などで受けた傷を治して正常な細胞ががん...

2014年8月22日

学習能力の発達を調節するタンパク質を発見!

成長期でのはたらきが、おとなの脳機能を左右する

大阪大学大学院 連合小児発達学研究科の橋本亮太准教授らのチームは「αキメリン」というタンパク質に注目し、このタンパク質が脳の機能にどのような影響を与えているかを調べました。αキメリンにはα1型(α1キメリン)とα2型(α2キメリン)がありますが、それらの遺伝子をさまざまに改変したマウスを作り、行動実...

2014年8月20日

トマトとウイルスの生き残り戦略を解明

新たな抗ウイルス剤の開発に活用へ

大阪大学大学院工学研究科などの研究グループは、Tm-1タンパク質がToMVタンパク質に結合した複合体の立体構造を明らかにし、トマトの抵抗性とToMVの増殖性の関係がどのような差異で生じているかを解明しました。トマトの野生種のなかには、Tm-1(ティーエム-1)というウイルス抵抗性遺伝子を持ち、トマト...

2014年8月7日

狙った表面にピタッ!世界初!イオンに応答して接着能を示すゲルを開発

大阪大学 大学院理学研究科 原田明特別教授らは、特定のイオンに応答して、分子認識に基づく選択的な接着能を発現する機能性ゲルを開発しました。本研究成果は、モノとモノの結合を精密にコントロールする新たな手法として、ソフトロボティクスやバイオマテリアルなど、様々な分野での応用が期待されます。 既存の接着...

2014年7月29日

効率良く記憶免疫反応が起きる仕組みを解明

記憶T細胞と記憶B細胞がお互いを活性化する

大阪大学免疫学フロンティア研究センターの黒崎知博教授を中心とする共同研究グループは、免疫記憶を司っている主要な免疫細胞である記憶B細胞と記憶T細胞(記憶濾胞性ヘルパーT細胞)が近傍に存在していること、そしてこれらの細胞が素早く相互作用し、その結果記憶抗体産生応答が速やかに誘導されることを、マウスを使...

2014年7月29日

心臓の血管新生の新メカニズムを解明

心筋梗塞などの新しい治療法開発へ光

大阪大学大学院医学系研究科内科学講座(循環器内科学)の中岡良和助教(JST・さきがけ研究者兼任)、有田陽大学院生、坂田泰史教授らの研究グループは、心臓の血管新生に関する新しいメカニズムを発見し、心臓の循環を支える冠動脈と冠静脈の形成は別の増殖因子で制御されることが初めて明らかになりました。 これま...

2014年7月17日

リチウムイオンがフラーレンの反応性を2400倍向上

大阪大学大学院工学研究科の小久保研准教授らは共同で、世界で初めてリチウムイオン内包フラーレン(Li+@C60の反応性を定量的に測定しました。その結果、リチウムイオンが入っていない通常のフラーレンC60と比較して、ディールス・アルダー反応の速度が約2400倍速くなるという、リチウムイオンの“分子内封入...

« »

Tag Cloud

back to top