日付で探す
研究組織で探す
2015年10月2日

実験的トキソプラズマ不活化ワクチンがどのように効くかを解明

宿主タンパク質 p62を標的とした新たなワクチンの開発に前進

大阪大学微生物病研究所の山本雅裕教授(免疫学フロンティア研究センター兼任)らの研究グループは、p62 (ピー 62)と呼ばれる宿主分子が、病原性寄生虫「トキソプラズマ」の実験的不活化ワクチンの免疫的効果発揮に重要な役割を果たすことを発見しました。...

2015年10月2日

男性避妊薬開発につながる標的分子を発見!

不妊症の原因究明と治療に新たな視点

大阪大学微生物病研究所の宮田治彦 助教、伊川正人 教授らは、筑波大学下田臨海実験センターの稲葉一男 教授らとの共同研究により、精子カルシニューリン(PPP3CC/PPP3R2)が精子の正常な運動に必須であることを明らかにしました。カルシニューリンは全身に存在する脱リン酸化酵素として広く知られています...

2015年8月25日

自己免疫疾患の引き金となるウイルス因子を同定

大阪大学微生物病研究所/免疫学フロンティア研究センターの安居輝人准教授、菊谷仁教授らの研究グループは、伝染性単核球症の原因で、悪性リンパ腫や自己免疫疾患との関与が知られているEpstein-Barrウイルス(EBウイルス)による自己免疫疾患発症メカニズムを突き止めました。 EBウイルスはヒトに感染...

2015年8月4日

世界初!寄生虫「トキソプラズマ」に対する免疫反応が大幅アップ!

抗トキソプラズマ免疫反応のブレーキ役を果たす分子の同定

大阪大学微生物病研究所の山本雅裕教授(免疫学フロンティア研究センター兼任)らの研究グループは、RabGDIα(ラブ ジーディーアイ アルファ)と呼ばれる宿主(しゅくしゅ)分子が、病原性寄生虫「トキソプラズマ」に対する宿主免疫反応を抑制しており、RabGDIαの阻害によってトキソプラズマに対する免疫反...

2015年5月8日

恒温動物が外気の温度変化に対応する仕組みの一端を解明

動脈と静脈の並走性にあった!

大阪大学微生物病研究所の高倉伸幸教授、木戸屋浩康助教らの研究グループは、動脈血管と静脈血管から構成される血管パターニングの新たな制御機構を明らかにしました。生体内をめぐる血管には動脈、静脈があり、恒温動物ではこれらの血管は並走していますが、どのような仕組みで並走し、そして並走することがどういう意義が...

2015年3月3日

不育症や血栓症を引き起こす自己抗体の標的分子を解明

新たな診断薬・治療薬の開発に期待

大阪大学 免疫学フロンティア研究センター/微生物病研究所 荒瀬尚教授、神戸大学大学院医学研究科 谷村憲司講師らの研究グループは、不育症や血栓症を引き起こす抗リン脂質抗体症候群の原因である自己抗体の新たな認識機構と疾患発症メカニズムを解明しました。...

2015年2月17日

身近に潜む致死率の高い食中毒!ボツリヌス食中毒が起きる仕組みが明らかに!

大阪大学微生物病研究所の藤永由佳子特任教授、松村拓大特任助教らの研究グループは、理化学研究所大野博司グループディレクターとの共同研究により、いままで不明であったボツリヌス毒素の腸管からの体内侵入機構を明らかにしました。ボツリヌス神経毒素複合体は、致死率の非常に高い食中毒を起こすことが知られています。...

Tag Cloud

back to top