日付で探す
研究組織で探す
生命科学・医学系
2017年11月30日

マラリアの重症化メカニズムを解明

マラリアのワクチン開発につながる研究成果

大阪大学微生物病研究所/免疫学フロンティア研究センターの齋藤史路特任研究員、平安恒幸特任助教、荒瀬尚教授らの研究グループは、ヒトに感染する熱帯熱マラリア原虫が免疫応答を抑えて重症化を引き起こす分子メカニズムを発見しました。本研究成果はマラリアに対するワクチン開発や治療薬の開発に大きく貢献すると期待さ...

生命科学・医学系
2017年11月28日

アルツハイマー病治療薬候補の中に広範囲な感染症に効く薬がある!

大阪大学微生物病研究所分子ウイルス分野の平野順紀大学院生、岡本徹助教、松浦善治教授らのグループは、アルツハイマー病の治療薬として開発されたガンマセクレターゼ阻害薬の中に、C型肝炎ウイルス(HCV)の増殖に必須なシグナルペプチドペプチダーゼ(SPP)の活性を阻害できる化合物が含まれていることを明らかに...

生命科学・医学系
2017年6月23日

臨床現場で安価に、簡単迅速に、薬剤耐性菌を検出!

薬剤耐性菌の伝播拡散防止に貢献できる新手法

大阪大学医学部附属病院の明田幸宏講師、朝野和典教授らの研究グループは、大阪大学微生物病研究所と協同で、世界的問題となっている薬剤耐性菌問題において特に重要視されているカルバペネム耐性腸内細菌科細菌(CRE)を迅速簡便に検出する方法を開発しました。この方法はSTH-PAS技術をベースとしてCREのカル...

生命科学・医学系
2017年6月13日

抗病原体分子をバランスよく配置して、免疫反応を効率化!

寄生虫「トキソプラズマ」など病原体に対する免疫反応に重要な因子を同定

大阪大学微生物病研究所の山本雅裕教授(免疫学フロンティア研究センター兼任)らの研究グループは、Gate-16(ゲート16)と呼ばれる宿主分子が、病原体含有小胞を形成する寄生虫「トキソプラズマ」や細菌「サルモネラ」のインターフェロンによる効率的な排除に必須であることを発見しました。 トキソプラズマや...

2017年4月4日

細胞の損傷を免疫系に知らせる脂質を発見

ゴーシェ病やパーキンソン病の治療に期待

九州大学生体防御医学研究所、大阪大学微生物病研究所の山崎晶教授らの研究グループは、グルコシルセラミドと呼ばれる生体内の脂質が、ミンクルという免疫受容体に結合し、免疫系を活性化する役割があることを発見しました。 細胞が損傷を受けると、それを体から取り除くために、免疫系が活性化されることが知られていま...

2017年2月22日

粘膜ワクチン開発に結びつく、経粘膜抗原取り込みに直接関わる分子を同定

注射器・針が不必要な経粘膜ワクチン開発に期待

東京大学医科学研究所の清野宏教授と大阪大学微生物病研究所の佐藤慎太郎特任准教授(常勤)らの研究グループは、粘膜面からの抗原取り込み口であるM細胞の機能発現に直接関わる分子として、Allograft inflammatory factor1(Aif1)を同定しました。M細胞は粘膜を覆う上皮細胞の一種で...

2017年1月31日

世界初!ロタウイルスの人工合成に成功

より有効な新規ワクチンの開発に期待

大阪大学微生物病研究所の金井祐太特任講師(常勤)、小林剛准教授らの研究グループは、ロタウイルスの人工合成に世界で初めて成功しました。この技術により、ロタウイルスの遺伝子を任意に改変することが可能となり、ウイルスの増殖機構の解明や新規ロタウイルスワクチンの開発研究が飛躍的に進むと期待されます。...

Tag Cloud

back to top