日付で探す
研究組織で探す
工学系
2017年8月25日

低コストでプラズマ処理の表面改質能力を大幅向上

ヒーター加熱の効果でフッ素樹脂と異種材料の強力接着を実現

大阪大学大学院工学研究科精密科学・応用物理学専攻の山村和也教授、附属超精密科学研究センターの大久保雄司助教らと兵庫県立工業技術センターの柴原正文研究員、長谷朝博研究員、本田幸司研究員らの研究グループは、フッ素樹脂に対して、ヒーターで加熱しながらプラズマ処理(熱アシストプラズマ処理)することで、低コス...

2017年8月23日

SACLAの得意とするX線波長でタンパク質微結晶の新規構造解析に成功

中津亨 京都大学大学院薬学研究科准教授、山下恵太郎 理化学研究所基礎科学特別研究員、岩田想 理化学研究所グループディレクター、中根崇智 東京大学大学院理学系研究科特任助教、溝端栄一 大阪大学大学院工学研究科講師、登野健介 高輝度光科学研究センターチームリーダー、湯本史明 高エネルギー加速器研究機構特...

自然科学系
2017年7月13日

最強の結合を切る!コバルト触媒による 有機フッ素化合物のクロスカップリング反応を開発

大阪大学大学院工学研究科応用化学専攻の神戸宣明教授、岩﨑孝紀助教らの研究グループは、有機フッ素化合物の炭素とフッ素の結合を切断し、新たに炭素と炭素の結合を作るコバルト触媒の開発に成功しました。 フッ素はテフロン樹脂から想像できる様に、炭素と非常に安定な化合物を作ります。そのため、有機フッ素化合物の...

2017年7月4日

30秒更新10分後までの超高速降水予報を開始

最新鋭気象レーダを活用したリアルタイム実証

理化学研究所(理研)計算科学研究機構データ同化研究チームの三好建正チームリーダーと情報通信研究機構電磁波研究所の佐藤晋介研究マネージャー、首都大学東京大学院システムデザイン研究科の牛尾知雄教授(大阪大学大学院工学研究科招へい教授)らの国際共同研究グループは、最新鋭気象レーダを生かした「3D降水ナウキ...

自然科学系
2017年6月28日

医薬品、農薬、天然物が持つ複雑な骨格を汎用原料から迅速に構築!

ニッケル触媒による新たな分子変換技術を開発

大阪大学大学院工学研究科応用化学専攻生越專介教授の研究グループでは、工業原料として大量生産されているフェノールから、ヒドロナフト[1,8-bc]フラン骨格を、わずか2段階の工程で合成する手法を開発しました。ヒドロナフト[1,8-bc]フラン骨格は抗腫瘍剤や解熱鎮痛剤、殺虫剤など多くの生物活性化合物に...

工学系
2017年6月26日

工業炉における CO2排出量削減に向けた、アンモニア燃焼利用技術を開発

連続亜鉛めっき鋼板製造工程における実証評価に目途

大陽日酸株式会社、日新製鋼株式会社、大阪大学大学院工学研究科の赤松史光教授らの研究グループは、水素エネルギー社会実現に向けた工業炉のアンモニア直接利用技術について共同研究を実施しており、大陽日酸山梨研究所に設置した燃焼加熱実験炉において検討を重ねた結果、連続溶融亜鉛めっき鋼板製造工程における連続焼鈍...

工学系
2017年6月22日

邪魔者ノイズを一分子計測に利用

"自然界の揺らぎ"を利用した生体模倣デバイス開発への応用に期待

赤井恵(大阪大学大学院工学研究科助教)及び桑原裕司(同工学研究科教授)らは、松本和彦(同産業科学研究所教授)及び小川琢治(同理学研究科教授)、葛西誠也(北海道大学量子集積エレクトロニクス研究センター教授)らの研究グループとの共同研究において、単一の単層カーボンナノチューブ素子に、あえて異物である大き...

工学系
2017年6月21日

1400度でも使用可能な超高温耐熱材料を開発

航空宇宙産業応用、発電所C02削減につながる新技術

大阪大学大学院工学研究科の萩原幸司准教授、中野貴由教授らの研究グループは、1400℃以上の超高温での使用に耐えるタービンブレード用材料として開発中の、遷移金属とシリコンを組み合わせた遷移金属シリサイドであるNbSi2(ニオブダイシリサイド)/MoSi2(モリブデンダイシリサイド)を組み合わせた複相シ...

工学系
2017年6月19日

新機構を備えた複腕建設ロボット

ImPACT タフ・ロボティクス・チャレンジによる新しい災害対応重作業ロボットの開発

内閣府総合科学技術・イノベーション会議が主導する革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)タフ・ロボティクス・チャレンジ研究開発課題「災害対応建設ロボットの開発」(研究開発課題責任者:大阪大学大学院工学研究科 大須賀公一(おおすかこういち)教授、プログラム・マネージャー:東北大学大学院情報科学研究...

自然科学系
2017年6月13日

世界初、材料の超高速破壊を原子レベルで可視化!

航空宇宙分野などにおける高強度・高耐力材料の設計開発に新たな一歩

大阪大学大学院工学研究科の尾崎典雅准教授、Bruno Albertazzi研究員(現仏エコールポリテクニーク)、兒玉了祐教授(レーザー科学研究所所長兼任)、理化学研究所の矢橋牧名グループディレクター、犬伏雄一研究員(JASRI)らを中心とする日仏英露の国際研究グループは、理化学研究所放射光科学総合研...

Tag Cloud

back to top