間葉系幹細胞

2020年7月11日
間葉系幹細胞治療の治療効果促進へ期待

大阪大学大学院医学系研究科の喜多俊文寄附講座講師(肥満脂肪病態学)、下村伊一郎教授(内分泌・代謝内科学)らの研究グループは、脂肪細胞が分泌し、血中に多量に存在する善玉タンパクであるアディポネクチンが、エクソソーム※3 産生を促進することで、間葉系幹細胞が治療効果を発揮することを、心不全マウスモデルを...

2016年1月19日
皮膚の傷の治癒効果を高める物質を発見

大阪大学産学連携本部ピアス皮膚再生技術共同研究部門の藤田 浩祐招へい研究員、前田 明人特任教授らのグループは、植物由来ポリフェノールであるシンナムタンニンB-1がマウス体内にて間葉系幹細胞(MSC)を血流中へ動かし、傷部位に集積させ、皮膚損傷の治癒効果を高めることを明らかにしました。 また、シ...

Tag Cloud

back to top