錯視

2019年9月5日
世界初!ファッションによる体型錯視効果を定量測定

大阪大学大学院人間科学研究科の森川和則教授らの研究グループは、服装による体型の見た目の変化量(着やせ錯視効果、脚長錯視効果など)を科学的・定量的に測定する方法を世界で初めて開発しました。 これまで体型の見た目を良くする服装コーディネートには客観性・科学性がほとんどなく、スタイリストの主観的な経験則...

2018年7月4日
化粧効果の数値化は新たなメイク理論につながるか?

●化粧は観察者の脳の中で効果を発揮する ●性別による違いも ●日本らしい化粧の進化...

Tag Cloud

back to top