量子ビーム測定手法

2019年3月11日
真空中でも利用可能な接着剤フリーな形状可変ミラーの開発に成功

株式会社ジェイテックコーポレーション(以下JテックC)の一井愛雄博士、岡田浩巳博士らと大阪大学大学院工学研究科の山内和人教授、松山智至助教らの共同研究グループは、真空環境下で動作可能な高精度形状可変ミラーの開発に世界で初めて成功しました。 これまでの高精度形状可変ミラーは、圧電素子とミラー基板とを...

2016年4月21日
世界初!ビームサイズを自由自在に制御できるX線ナノビームの形成に成功

大阪大学大学院工学研究科の山内和人教授、松山智至助教、北海道大学電子科学研究所の西野吉則教授、理化学研究所放射光科学総合研究センターの石川哲也センター長、矢橋牧名グループディレクターらの研究グループは、X線用の高精度形状可変鏡を開発し、X線ナノビームの集光スポットサイズを自由自在に制御することに世界...

2015年6月9日
結晶が回転・変形する様子を瞬時に捉えるX線ナノビーム回折法を開発

カリフォルニア大学ロサンゼルス校のJianwei Miao(ジャンウェイ ミャオ)教授、ゲオルク・アウグスト大学ゲッティンゲンのTim Salditt(ティム サルディット)教授、大阪大学大学院工学研究科精密科学・応用物理学専攻の高橋幸生准教授、鈴木明大氏(博士後期課程3年・日本学術振興会特別研究員...

Tag Cloud

back to top