貴島晴彦

2019年7月23日
悪性の脳腫瘍において日本と欧米の予後格差をもたらす主要因子を解明

大阪大学大学院医学系研究科の梅原徹医員、有田英之招聘教員、貴島晴彦教授(脳神経外科学)らの研究グループは、国立病院機構大阪医療センター臨床研究センター先進医療研究開発部の金村米博部長、および関西中枢神経腫瘍分子診断ネットワーク参加施設との共同研究により、膠芽腫の新たな予後バイオマーカーを提唱するとと...

2018年12月18日
脳深部脳波とパーキンソン病の関係を解明

大阪大学の栁澤琢史教授(高等共創研究院)および貴島晴彦教授(大学院医学系研究科脳神経外科学)らの研究グループは、脳深部の脳波を患者さん自らが制御して変える新しい技術を開発し、パーキンソン病と脳深部活動との関係を明らかにしました。 これまで視床下核と呼ばれる脳深部の脳波異常(β振動)は、パーキンソン...

2016年5月13日
てんかん発作時の特徴的な脳波を世界で初めて検出

大阪大学大学院医学系研究科脳神経感覚器外科学(脳神経外科学)の貴島晴彦講師らの研究グループは、てんかんの発作時は、安静時に比べて、脳波に特定のカップリング現象が著明に現れることを世界で初めて検出しました。 以前から貴島講師らの研究グループでは、異なった周波数の脳波が相互に関連性をもって活動する...

Tag Cloud

back to top