臨床研究

2019年12月24日
阪大発!より精度の高い、がんの画像診断へ

大阪大学大学院医学系研究科渡部直史助教らのグループは、同医学部附属病院(以下、阪大病院)において、本年11月にがんの高精度PET画像プローブであるF-18 NKO-035注射液を用いた1st in human PETを特定臨床研究の形で実施し、ヒトへの投与における安全性確認を終えました。本プローブは...

2019年9月18日
前立腺がんの再発・転移を高精度で検出する最先端画像診断 阪大病院で臨床研究を開始

大阪大学医学部附属病院(以下、阪大病院)は、本年9月より前立腺がんの高精度画像診断であるF-18PSMA-1007 PET 臨床研究 を国内で初めて開始しました。9月3日に初回のPSMA-PET検査が問題なく実施され、CTや骨シンチといった従来の画像診断では同定できなかった再発・転移巣が検出できる...

2017年12月6日
大阪大学発の軟骨再生治療法が 臨床応用の最終段階、企業治験へ

大阪大学の中村憲正招聘教授(国際医工情報センター、大学院医学系研究科整形外科)、吉川秀樹教授(大学院医学系研究科整形外科)、澤芳樹教授(大学院医学系研究科 心臓血管外科)の研究グループは、これまで難治性で有効な治療法がなかった軟骨損傷に対する新規治療法として滑膜由来の間葉系幹細胞(MSC)を用いたス...

Tag Cloud

back to top