玉井克人

2020年7月2日
研究運営に患者も参加。オンライン研究プラットフォーム RUDY JAPAN で 表皮水疱症患者の登録・質問票への回答受付を開始

大阪大学大学院医学系研究科 加藤和人教授(医の倫理と公共政策学)は、玉井克人寄附講座教授(再生誘導医学)、松村泰志教授(医療情報学)、高橋正紀教授(臨床神経生理学)、同人間科学研究科山本ベバリー・アン教授(兼・NPO法人遺伝性血管性浮腫患者会 HAEJ)、広島大学大学院医歯薬保健学研究科の秀道広教授...

2020年2月25日
「再生誘導」とは?皮膚の難病研究から明らかになった 「再生」のメカニズム

生まれつき皮膚がはがれやすく、やけどを負ったような水ぶくれや、ただれが全身に広がる「表皮水疱症」という遺伝性の難病がある。赤ん坊のころから繰り返し皮膚がはがれ、手足の指が癒着してしまうなどのつらい病気だが、有効な治療法はない。 大阪大学医学系研究科の玉井克人寄附講座教授(再生誘導医学寄附講座。以降...

Tag Cloud

back to top