熱電変換

2018年11月7日
高効率で熱を電気に変換する新物質(YbSiGe)

大阪大学大学院工学研究科の黒崎健准教授のグループは、株式会社日立製作所と共同で、室温から100℃付近までの低温域で既存材料よりも高い熱電変換出力因子を示す新物質:YbSiGeを発見しました。昨年、大阪大学と株式会社日立製作所は、共同で、室温付近で高い熱電変換出力因子を示す物質としてイッテルビウムシリ...

2018年10月31日
透明ナノワイヤ材料による発電電力増大技術

大阪大学大学院基礎工学研究科の中村芳明教授らの研究グループは、表面処理したZnOナノワイヤを薄膜中に導入することで、材料の透明性を維持したまま、熱電変換出力因子を3倍増大し、かつ熱伝導率を低減することに世界で初めて成功しました。 これまで、廃熱を電気エネルギーに変換可能な熱電材料の開発には、高価・...

2017年12月14日
高効率で熱を電気に変換する新物質(YbSi2)を発見

大阪大学大学院工学研究科の黒崎健准教授のグループは、株式会社日立製作所と共同で、室温付近で既存材料と同程度の高い熱電変換出力因子を示す新物質:YbSi2を発見しました。これにより、様々な場所に多量に存在する排熱を回収し高品位な電気エネルギーとして再利用する熱電発電技術の実用化が期待できます。 本研...

Tag Cloud

back to top