治療

2018年12月12日
あらゆる子どものあらゆる症例に対応する「小児歯科学」

●専門医資格者は100人に1人 ●虫歯菌の多くは「母子伝播」 ●人の一生の口腔保健の入り口を担う...

2018年12月5日
「削らない治療」から「取り戻す歯科医療」まで―広がる歯学研究

●削って・詰める虫歯治療はもう古い ●初期虫歯が自分で元に戻る仕組み ●歯髄内の幹細胞に注目した再生医療への可能性...

2018年11月12日
DDS(ドラッグ・デリバリー・システム)【薬学研究科・教授・中川 晋作】

副作用が大きい薬でも、治療のためには使わなくてはなりません。患者さんの辛さを軽減する方法として、注目されているのが「DDS」。必要な量の薬を体内の必要とする場所に届けるシステムです。その仕組みとは?...

2018年10月15日
増殖しない・がん化しない心臓細胞から、がん治療の手がかりを探る【医学系研究科・教授・高島 成二】

心臓にはまだ多くの謎があります。「心臓がん」って聞いたことがないと思いますが、心臓は唯一がんにかからない臓器なのです。なぜ心臓はがんにかからないのか? ここに、がんを治す手がかりがあるかもしれません。...

2018年8月22日
心臓からエネルギー産生の仕組みを探る~ATP研究最前線【医学系研究科・教授・高島 成二】

心臓細胞は心臓を動かすために、1日になんと体重と同じくらいのエネルギー源、ATP(アデノシン三リン酸)を産生、消費しています。狭心症や心筋梗塞などの薬剤開発にもつながる、ATP研究の最前線に迫ります。...

2018年8月20日
睡眠時の呼吸トラブルを歯からのアプローチで治す【歯学研究科・教授・阪井 丘芳】

寝ている間に呼吸が止まったり、呼吸量が減少する「睡眠時無呼吸症候群」。ひどい場合は、日常生活にも支障をきたします。最近は、歯科でも治療が行われていますが、それは、どんな治療方法なのでしょうか?...

2018年8月1日
抗体医薬が、がん治療を変える!【薬学研究科・教授・中川 晋作】

抗体は免疫細胞が作るタンパク質の一種で、体内に侵入してくる異物を攻撃します。この抗体を利用したがん治療薬が注目されています。がん細胞を狙い撃ちするので副作用も少ないこの画期的な薬の仕組みを紹介します。...

2018年5月28日
バイオフィルムをやっつけろ! 二大歯科疾患との終わりなき戦い【歯学研究科・教授・恵比須 繁之】

二大歯科疾患、虫歯と歯周病。その原因として、21世紀に入り注目されるようになったのが、歯の表面に形成される「バイオフィルム(菌膜)」です。バイオフィルムの正体とは? 歯科疾患の予防について説明します。...

2018年5月23日
血管新生を阻害せよ! 注目のがん治療法【薬学研究科・教授・中川 晋作】

がんは、自身で新しい血管を作って酸素や栄養素を取り込み、大きくなります。そこで、がんの血管の形成を防ぎ、治療に役立てる方法の研究が進行中。新しい血管に関わる細胞に着目した、最新の治療方法を探る。...

2015年4月29日
L-Pシャント術の高齢者水頭症への効果を 世界で初めて立証

特発性正常圧水頭症は、脳の中に液体がたまってしまい歩行障害や認知症、尿失禁といった症状を示す、高齢者で発症する病気です。東北大学大学院医学系研究科の森悦朗(もりえつろう)教授、大阪大学大学院医学系研究科の数井裕光(かずいひろあき)講師、順天堂大学医学部の宮嶋雅一(みやじままさかず)先任准教授、洛和会...

Tag Cloud

back to top