歯周病

2018年12月12日
あらゆる子どものあらゆる症例に対応する「小児歯科学」

●専門医資格者は100人に1人 ●虫歯菌の多くは「母子伝播」 ●人の一生の口腔保健の入り口を担う...

2018年12月10日
歯を支える「骨が溶ける・増える」仕組みとは―分子生物学の世界

●歯にとって「骨」が大切なワケ ●骨や軟骨にもなる幹細胞「間葉系幹細胞」 ●遺伝子レベルでメカニズムを解明...

2018年11月26日
予防歯科臨床に必要な力―患者とめざす「病気にならない」習慣

●予防歯科医療へのパラダイムシフト ●情報力・提案力・指導力・技術力、そして伝える力 ●自分の歯で生涯食べられるように...

2018年10月3日
バクテリアから薬をつくる ~免疫をコントロールする糖鎖の話~【理学研究科・教授・深瀬 浩一】

私たちの体には、バクテリアや微生物から身を守るための「免疫機能」があります。このメカニズムを逆手にとって、バクテリアや微生物を利用してワクチンをつくろうという研究があります。どんな方法なのでしょうか?...

2018年9月19日
大切な歯の保存は積極的なケアから!【歯学研究科・教授・恵比須 繁之】

虫歯や歯周病になった歯を抜かずに治療して保持しようとする「歯科保存学」。その新しい考え方が「サポーティングオーラルセラピー(SOT)」です。SOTの具体的な取り組みとその成果や意義を探ります。...

2018年5月28日
バイオフィルムをやっつけろ! 二大歯科疾患との終わりなき戦い【歯学研究科・教授・恵比須 繁之】

二大歯科疾患、虫歯と歯周病。その原因として、21世紀に入り注目されるようになったのが、歯の表面に形成される「バイオフィルム(菌膜)」です。バイオフィルムの正体とは? 歯科疾患の予防について説明します。...

2012年12月1日
歯周病から全身の疾患をみすえる【歯学研究科・教授・天野敦雄】

世界で最も蔓延している病気としてギネスブックにも認定されている歯周病。21世紀に入ってその研究が加速すると、脳血管疾患、心血管疾患、がん、骨粗鬆症、慢性関節リウマチなどの原因になっていることが分かってきた。天野敦雄教授は、歯周病菌の検査によって自分の体の状態を把握し、将来の歯周病の進行をみすえ、それ...

Tag Cloud

back to top