検査・診断システム

2020年7月31日
機械学習で実現。市販の機器で高精度食品分析を可能に。

大阪大学大学院工学研究科の小西毅准教授らの研究グループは(図1) に示すように機械学習※1 の援用により、高い波長分解により取得された膨大なスペクトルデータを、同グループが2016年に世界で初めて開発した超波長分解法※2 が適用可能なレベルまで大幅に削減することで、低い波長分解能しか有しない市販の低...

2017年2月24日
ヒト赤血球変形の時間スケールを解明

大阪大学大学院工学研究科の金子真教授、名古屋大学マイクロ・ナノメカトロニクス研究センター新井史人センター長、独国ハイデルベルグ大学物理化学研究所・京都大学物質-細胞統合システム拠点の田中求教授らの研究グループは、ヒト赤血球細胞への変形負荷の時間を精密制御することで、細胞内部の細胞骨格が負荷に応じて再...

Tag Cloud

back to top