ミステリーサークル

2018年8月30日
アマミホシゾラフグが幾何学模様(ミステリーサークル)を作る原理の一端を解明

大阪大学ヒューマンウェアイノベーション博士課程プログラムの履修生(博士後期課程学生)を主とした、同学研究者ならびに千葉県立中央博物館分館海の博物館の川瀬裕司主任上席研究員との共同研究グループは、アマミホシゾラフグが幾何学模様を形作る原理の一端を、行動解析を基に計算機シミュレーションにて解明しました。...

Tag Cloud

back to top