シリコン

2019年10月25日
体内で多量の水素が発生し、酸化ストレスを低減するシリコン製剤

大阪大学産業科学研究所の小林光教授らの研究グループは、腸内の水と反応して多量の水素が発生するシリコン製剤を、世界で初めて開発しました。腸内と類似したpH8.3、36℃の環境下で、1gのシリコン製剤から400mL以上の水素が24時間以上発生し続けます。この水素量は、飽和水素水22L以上の中に含まれる水...

2013年2月13日
世界初! p型シリコン中の室温スピン輸送を達成

大阪大学大学院基礎工学研究科システム創成専攻電子光科学領域の仕幸英治特任准教授、久保和樹(博士前期課程2年生)および白石誠司教授らは、東北大学金属材料研究所の齊藤英治教授、安藤和也助教と共同で動力学的スピン注入法であるスピンポンピングを用いて、p型シリコン中の室温スピン輸送を世界で初めて達成しました...

Tag Cloud

back to top