がん(癌)

2018年11月12日
DDS(ドラッグ・デリバリー・システム)【薬学研究科・教授・中川 晋作】

副作用が大きい薬でも、治療のためには使わなくてはなりません。患者さんの辛さを軽減する方法として、注目されているのが「DDS」。必要な量の薬を体内の必要とする場所に届けるシステムです。その仕組みとは?...

2018年10月15日
増殖しない・がん化しない心臓細胞から、がん治療の手がかりを探る【医学系研究科・教授・高島 成二】

心臓にはまだ多くの謎があります。「心臓がん」って聞いたことがないと思いますが、心臓は唯一がんにかからない臓器なのです。なぜ心臓はがんにかからないのか? ここに、がんを治す手がかりがあるかもしれません。...

2018年9月28日
細胞内の高性能掃除機が難病治療の切り札になる【医学系研究科・教授・吉森 保】

細胞の中で、お掃除ロボットのように働く「オートファゴソーム」。侵入した病原体をやっつけて病気を防ぐ機能もあります。このメカニズムを解明すれば、がんなどの難病の治療につなげることができるかもしれません。...

2018年8月1日
抗体医薬が、がん治療を変える!【薬学研究科・教授・中川 晋作】

抗体は免疫細胞が作るタンパク質の一種で、体内に侵入してくる異物を攻撃します。この抗体を利用したがん治療薬が注目されています。がん細胞を狙い撃ちするので副作用も少ないこの画期的な薬の仕組みを紹介します。...

2018年7月2日
がん細胞の「弱み」も見つけるケミカルバイオロジー研究【薬学研究科・教授・荒井 雅吉】

●化学的な視点から生命現象を理解・解明 ●タンパク質を釣り上げる? ●海洋天然物に集まる注目~海底に宝が!~...

2018年6月25日
医学と工学の架け橋となる中性子の新たな可能性【工学研究科・教授・村田 勲】

●エネルギー分野と深く関わる中性子 ●画期的ながん治療、「ホウ素中性子捕捉療法」 ●中性子を医療という新たなステージで活用...

2018年5月23日
血管新生を阻害せよ! 注目のがん治療法【薬学研究科・教授・中川 晋作】

がんは、自身で新しい血管を作って酸素や栄養素を取り込み、大きくなります。そこで、がんの血管の形成を防ぎ、治療に役立てる方法の研究が進行中。新しい血管に関わる細胞に着目した、最新の治療方法を探る。...

2018年5月16日
私たちの身体を守る大切な機能「オートファジー」って何?【医学系研究科・教授・吉森 保】

「オートファジー」は細胞が自分の成分を分解してエネルギーを得る機能です。このシステムを担う細胞内の小器官は、細胞内の効率的なリサイクルシステムもつかさどっています。謎多き細胞のメカニズムを紹介します。...

Tag Cloud

back to top