»

2019年3月20日
ライナックを使用し、従来測定が不可能であった生体反応を1億分の1秒以下の実時間で直接観測

大阪大学産業科学研究所の小林一雄特任教授は、ライナックを使用して、従来測定が不可能であった生体反応を1億分の1秒以下の実時間で直接観測し、特異的反応の鍵となる中間体をとらえることに成功しました。 具体的には、電子線照射したことにより生じる化学種と生体を構成するタンパク質との反応を短時間で観測しまし...

2019年3月15日
ビーム整形精度の極限へ! バーチャル位相グレーティングの最適化、コスト増無し

大阪大学レーザー科学研究所の中田芳樹准教授らの研究グループは、空間光変調器(SLM)に表示したバーチャルな位相グレーティングとフィルタリングを用いたビーム整形において、除去成分と抽出成分の空間分布を最適化し完全分離するスキームを開発し、これによってフラットトップ矩形ビーム形状のエッジ立ち上がり20μ...

2019年3月13日
ポケットサイズの磁石で金、プラチナなどの希少金属を分離・抽出する原理を実証!

大阪大学大学院理学研究科の植田千秋准教授、寺田健太郎教授、大阪府立大手前高等学校定時制の課程教諭久好圭治(本研究科・特任研究員)らの研究チームは、運搬が容易な小型の装置を用いて、固体粒子の混合物から、金、プラチナ、ビスマスなどのレアメタル粒子が抽出できることを、世界で初めて実証しました これまで磁...

2019年3月11日
世界初!肺炎球菌の進化情報を用いた病原因子の発見

大阪大学大学院歯学研究科の山口雅也助教、川端重忠教授らの研究グループは、肺炎球菌のゲノム情報を利用し、進化の選択圧を解析することで、重要な病原因子を選出できることを世界で初めて明らかにしました。 現在、薬剤耐性菌による感染症が世界的な問題となっています。感染症に対する治療薬を開発するには、ワクチン...

2019年3月11日
真空中でも利用可能な接着剤フリーな形状可変ミラーの開発に成功

株式会社ジェイテックコーポレーション(以下JテックC)の一井愛雄博士、岡田浩巳博士らと大阪大学大学院工学研究科の山内和人教授、松山智至助教らの共同研究グループは、真空環境下で動作可能な高精度形状可変ミラーの開発に世界で初めて成功しました。 これまでの高精度形状可変ミラーは、圧電素子とミラー基板とを...

2019年3月7日
世界初!1分子量子シークエンサーによりDNAに取り込まれた抗がん剤の直接観察に成功

大阪大学産業科学研究所の谷口正輝教授らの研究グループと大阪大学大学院医学系研究科の石井秀始特任教授(常勤)らの研究グループは、治療によってがん細胞のDNAに取り込まれた抗がん剤の挙動を直接観察することに世界で初めて成功しました。 これまでDNA中のチミンと抗がん剤が入れ替わることで、がん細胞の増殖...

2019年3月6日
白血病の発症に関わる新たな分子機構を発見

大阪大学微生物病研究所の木戸屋浩康助教、高倉伸幸教授(免疫学フロンティア研究センター兼任)らの研究グループは、リボヌクレアーゼであるRegnase-1が造血幹細胞および造血前駆細胞の自己複製を制御していることを初めて明らかにしました。また、Regnase1遺伝子を欠失させたマウスでは急性骨髄性白血病...

2019年3月5日
iPS細胞から作製した角膜上皮細胞シートの臨床研究が承認

大阪大学大学院医学系研究科の西田幸二教授(眼科学)らの研究グループは、ヒトの人工多能性幹細胞(iPS細胞)から角膜上皮細胞シートを作製し、角膜疾患患者に移植して再生する臨床研究計画(第一種再生医療等提供計画)を2019年1月16日に厚生労働省に提出しました。そして本日、2019年3月5日に開催された...

2019年3月1日
救急隊員が行う高度な救命処置の重要性を明らかに

大阪大学大学院医学系研究科の小向翔助教(医学統計学)、北村哲久助教(環境医学)とピッツバーグ大学の井澤純一リサーチフェロー(集中治療学講座)らの研究グループは、院外心停止患者に対する救急隊による高度気道確保の効果の評価について、新しい解析手法である「時間依存傾向スコア連続マッチング解析法」を用いて行...

2019年2月28日
ステロイドによる糖尿病発症メカニズムの一端を解明

大阪大学大学院医学系研究科の下村伊一郎教授、大月道夫講師、奥野陽亮助教、林令子大学院生(内分泌・代謝内科学)らの研究グループは、ステロイドによって生じる糖尿病等の代謝異常に脂肪細胞のグルココルチコイド受容体が寄与することを明らかにしました。 ステロイドはアレルギー性疾患など様々な疾患の治療に用いら...

»

Tag Cloud

back to top