日付で探す
研究組織で探す
2019年6月13日

スマホの「2年縛り」の合理性を考える〜行動経済学と産業組織論の両面からアプローチ〜

国際公共政策研究科・准教授・室岡 健志

室岡健志准教授の研究分野は、行動経済学と産業組織論が融合したところにある。“ナイーブな(契約締結後の将来の結果を正確に予測できていない)消費者”を考慮した分析を可能とする行動経済学と、市場での企業行動を分析する産業組織論の視点で、消費者が企業と契約を結ぶ際にどのような消費者保護が可能かを理論的に考え...

Tag Cloud

back to top