»
日付で探す
研究組織で探す
2018年12月12日

あらゆる子どものあらゆる症例に対応する「小児歯科学」

歯学部 小児歯科学教室・教授・仲野 和彦

●専門医資格者は100人に1人 ●虫歯菌の多くは「母子伝播」 ●人の一生の口腔保健の入り口を担う...

2018年12月10日

歯を支える「骨が溶ける・増える」仕組みとは―分子生物学の世界

生化学教室・准教授・波多 賢二

●歯にとって「骨」が大切なワケ ●骨や軟骨にもなる幹細胞「間葉系幹細胞」 ●遺伝子レベルでメカニズムを解明...

2018年12月5日

「削らない治療」から「取り戻す歯科医療」まで―広がる歯学研究

歯科保存学教室・教授・林 美加子

●削って・詰める虫歯治療はもう古い ●初期虫歯が自分で元に戻る仕組み ●歯髄内の幹細胞に注目した再生医療への可能性...

2018年12月3日

新しい捜査手法GPS捜査の運用ルールは?

法学科・教授・松田 岳士

●最高裁が下したGPS捜査判断 ●憲法解釈にまでさかのぼる ●ルールの新しい意味や説明を「発見」する...

2018年11月30日

冤罪防止をめざす取り調べの可視化で裁判はどうなる

法学科・教授・松田 岳士

●犯罪発生後の一連の手続を規定する刑事訴訟法 ●取り調べの可視化が制度化 ●運用の仕方次第で公正な裁判が損なわれる...

2018年11月28日

口の中だけでなく喉や鼻の病気も扱う「口腔細菌学」

口腔細菌学教室・教授・川端 重忠

●さまざまな病気を起こすレンサ球菌 ●遺伝子を突き止め、仕組みを解明 ●病原因子を制御し免疫をつけるワクチンの開発に...

2018年11月26日

予防歯科臨床に必要な力―患者とめざす「病気にならない」習慣

予防歯科学教室・准教授・久保庭 雅惠

●予防歯科医療へのパラダイムシフト ●情報力・提案力・指導力・技術力、そして伝える力 ●自分の歯で生涯食べられるように...

2018年10月11日

太陽エネルギーをもっと有効利用したい〜触媒を通じ、環境に調和したエネルギー変換を〜

太陽エネルギー化学研究センター・准教授・神谷和秀

太陽エネルギーを化学エネルギーや電気エネルギーに効率よく変換することが、太陽エネルギー化学研究センターの神谷和秀准教授が進める研究だ。その際に注目するのは、エネルギーを変換する際の電子の流れをアシストする「触媒」。触媒研究を通じ、環境に調和する形でのエネルギーの有効利用につながる取り組みを続けている...

2018年10月9日

シミュレーションで構造物を診る 〜接合部の変形や、残留応力を数値で把握〜

接合科学研究所・准教授・三上欣希

橋や建物などに用いられる鉄鋼材料は、鉄鋼メーカーにより、高度にコントロールされた冷却や圧延によって優れた性能を発揮するようにつくり込まれている。しかし、構造物の形にするには溶接・接合が不可欠で,せっかくつくり込んだ材料も変化してしまい、溶接・接合部が破壊のきっかけになることがある。三上欣希准教授が着...

2018年10月2日

英語学習をもっと楽しく、興味深く〜教育現場の声を分析し、新たな指導法に還元〜

言語文化研究科・准教授・西田理恵子

公立小学校での英語教育について、教育現場では教材づくりや指導案などさまざまな課題が山積している。言語文化研究科の西田理恵子准教授は、動機づけの視点を重視した英語教育の在り方を研究、提言している。また、大阪大学の学部生を対象に、学習者の興味を高めるCLIL(内容言語統合型学習)という新しい手法を導入。...

»

Tag Cloud

back to top