日付で探す
研究組織で探す
工学系
2018年10月17日

有機半導体の高性能化に有望な含フッ素アクセプターユニット開発に成功!

大阪大学産業科学研究所の家裕隆准教授らの研究グループは、石原産業株式会社、ドイツマックスプランク高分子研究所のBlom教授らと共同で、フッ素原子を導入した新規なアクセプターユニットの開発に成功し、これが有機薄膜太陽電池のn型半導体の構成ユニットとして有望であることを世界で初めて明らかにしました。 ...

2018年9月18日

半導体ナノサイズトランジスタへ電子1個が出入りする様子をキャッチ

大阪大学産業科学研究所の木山治樹助教、松本和彦特任教授、大岩顕教授らの研究グループは、東京大学生産技術研究所の平川一彦教授のグループと共同して、電子線描画による電極作製の精密な位置合わせを実現することで、ヒ化インジウム(InAs)自己形成量子ドットに出入りする単一電子の電荷検出に世界で初めて成功しま...

2018年8月28日

絶対に安全な情報通信を実現する量子ドット技術の研究開発を推進

高効率な光子-電子インターフェースを提案

大阪大学産業科学研究所の大岩顕教授らの研究グループは、量子力学の原理で盗聴されたことが検知できる量子暗号通信や量子ネットワークをファイバー網で実現するため、量子通信を長距離化する量子中継技術の研究開発を推進しています。量子通信では長距離化が最重要課題ですが、まだ方式や有力なデバイスは確立していません...

2018年7月21日

塗るだけ!セラミックス超薄膜コーティング

大阪大学産業科学研究所の菅原徹助教と金沢大学の辛川誠准教授らの研究グループは、「原料を塗るだけでセラミックス超薄膜をコーティングする技術」を世界で初めて開発しました。 近年、有機太陽電池の緩衝層(電子・正孔輸送層)には、セラミックス薄膜を用いた研究開発が盛んになっています。従来のセラミックス薄膜の...

2018年6月26日

一酸化炭素を無害化するナノポーラス金触媒の活性構造を原子 スケールで解明!

新たな触媒開発へ期待

大阪大学産業科学研究所の神内直人助教らの研究グループは、有害ガスである一酸化炭素を無害化するナノポーラス金触媒の活性構造を原子スケールで初めて明らかにしました。 金は化学的に不活性で錆びない金属であるにも関わらず、ナノサイズの孔を持つスポンジ状にすると触媒として働くことが報告されてきましたが、その...

2018年6月26日

世界初!分子レベルでDNAの定量解析に成功

遺伝子によるがん診断新技術へ期待

大阪大学産業科学研究所の谷口正輝教授らの研究グループは、次世代DNAシークエンシング法を用いて、1分子レベルで2種類のDNAの塩基配列と量比を同時に決定する1分子定量解析法を世界で初めて開発しました。 次々世代DNAシークエンシング法は、1塩基分子の電気抵抗の違いをトンネル電流で読み出す方法であり...

2018年5月22日

独自の反応促進機構を持つ不斉分子触媒の創製に関する研究

文部科学大臣表彰科学技術賞(研究部門)を受賞!

大阪大学産業科学研究所の笹井宏明教授らの研究グループは、以前に、触媒を構成する複数の官能基が協調して働く多点制御型(二重活性化型)の不斉触媒を世界で初めて開発しました。この反応促進の機構は、天然の触媒である酵素に類似するもので、ほかの触媒では実現できなかった反応が可能となっています。 今回、笹井教...

2018年4月26日

神経活動の抑制を鋭敏に捉える新規カルシウムセンサーの開発

細胞の機能解析への応用も可能

脳の神経回路では、主に「興奮」と「抑制」の2種類のシナプス伝達を組み合わせて情報を処理しています。この情報処理を担う神経細胞の活動は、遺伝子にコードされたカルシウムセンサー(GECI)を使って細胞内のカルシウムイオンの濃度変化(興奮状態で濃度が高くなる)により観察することができます。しかし、これまで...

工学系
2018年4月26日

植物の画像から、葉に隠れた見えない構造を再現

画像解析と人工知能でつくる未来の栽培技術

大阪大学産業科学研究所の大倉史生助教らの研究グループは、画像解析および人工知能技術を応用し、植物を複数方向から撮影した画像から、葉などに隠れた部分も含む植物の枝構造を正確に再現することに世界で初めて成功しました。 果樹など植物の栽培において、日々の成長を枝・葉レベルでくまなく把握し、適切な管理を行...

2018年4月17日

ペーパーレス化に待った!紙を用いた電子ペーパーの開発に成功

大阪大学産業科学研究所の古賀大尚特任助教、能木雅也教授らの研究グループは、紙を用いてフレキシブルな電子ペーパーを作製することに成功しました。 我々人類は、約2000年もの間、手書きや印刷で紙に情報を表示してきました。 しかし近年では、電子ペーパー端末等の普及により、情報表示媒体としての紙の価値が...

Tag Cloud

back to top