«
日付で探す
研究組織で探す
2018年1月17日

脳内の交通渋滞がパーキンソン病を誘発する

悪玉タンパク蓄積から神経細胞死に至るメカニズムが明らかに

東北大学大学院医学系研究科神経内科学分野の長谷川隆文(はせがわたかふみ)准教授、青木正志(あおきまさし)教授らの研究グループは、大阪大学大学院医学系研究科神経難病認知症探索治療学寄附講座の永井義隆(ながいよしたか)寄附講座教授との共同研究により、DNAJC13遺伝子の変異が原因となる遺伝性パーキンソ...

2018年1月12日

DNA2本鎖が切断された場所に修復タンパク質が集まる仕組み

東京大学分子細胞生物学研究所(所長 白髭克彦)の深井周也准教授、大阪大学の中田慎一郎教授(高等共創研究院/大学院医学系研究科)らの研究グループは、DNA2本鎖の切断を修復するために必要なタンパク質RNF168が二つのユビキチン鎖認識ドメイン(UDM1およびUDM2)を介してユビキチン鎖を認識してDN...

生命科学・医学系
2018年1月9日

難病である視神経脊髄炎の症状が緩和 ラットで抗体治療に成功

大阪大学の山下俊英教授(大学院医学系研究科/生命機能研究科/免疫学フロンティア研究センター分子神経科学)、藤田幸助教(大学院医学系研究科/免疫学フロンティア研究センター分子神経科学)、望月秀樹教授(大学院医学系研究科神経内科学)らの研究グループは、軸索再生阻害因子であるRepulsive guida...

«

Tag Cloud

back to top