»
日付で探す
研究組織で探す
工学系
2018年9月19日

世界初!代謝を正確に計測する新技術を開発

代謝疾患治療法、バイオ燃料生産微生物の開発に貢献する新技術

大阪大学大学院情報科学研究科の岡橋伸幸助教、松田史生教授らのバイオ情報計測学講座研究グループは、(株)島津製作所、大阪大学・島津分析イノベーション共同研究講座飯田順子招へい教授(島津製作所分析計測事業部ライフサイエンス事業統括部シニアマネージャー)らのグループと、細胞内代謝物の中でも重要な役割を担う...

2018年9月18日

半導体ナノサイズトランジスタへ電子1個が出入りする様子をキャッチ

大阪大学産業科学研究所の木山治樹助教、松本和彦特任教授、大岩顕教授らの研究グループは、東京大学生産技術研究所の平川一彦教授のグループと共同して、電子線描画による電極作製の精密な位置合わせを実現することで、ヒ化インジウム(InAs)自己形成量子ドットに出入りする単一電子の電荷検出に世界で初めて成功しま...

生命科学・医学系
2018年9月10日

世界初!イメージング質量分析法により昆虫体内の農薬動態を可視化

イメージング質量分析により見えないものをみる新技術

大阪大学大学院工学研究科の新間秀一准教授らの研究グループは、マトリックス支援レーザー脱離イオン化イメージング質量分析法(MALDI-IMS)を用いて、ショウジョウバエ中のネオニコチノイド系農薬の一つであるイミダクロプリド分布を可視化することに世界で初めて成功しました。 これまで行動学的実験からネオ...

生命科学・医学系
2018年9月8日

世界初!アバターとのやり取りで認知症傾向を発見

高齢者の音声解析と機械学習によって認知症を検出する新技術

大阪大学大学院医学系研究科(キャンパスライフ健康支援センター/精神医学)の工藤喬教授、足立浩祥准教授、奈良先端科学技術大学院大学先端科学技術研究科の中村哲教授、田中宏季助教らの研究グループは、コンピューター上のアバターが発する簡単な質問に対し、高齢者が答えた音声特徴を機械が学習することで、認知症の検...

2018年9月6日

2段階の熱処理で高品質のビスマス系薄膜

光応答性能を向上、次世代太陽電池開発に期待

JST戦略的創造研究推進事業において、大阪大学大学院工学研究科佐伯昭紀准教授と西久保稜佑大学院生(博士後期課程1年)は、価格、低毒性、安定性に優れた硫化ビスマスの成膜プロセスを開発し、高性能光応答素子の作製に成功しました。 実用化されている太陽電池や光検出器の光電変換材料の多くは、高価で有毒...

自然科学系
2018年8月30日

アマミホシゾラフグが幾何学模様(ミステリーサークル)を作る原理の一端を解明

小さなフグによる海底の建築工学が明らかに!

大阪大学ヒューマンウェアイノベーション博士課程プログラムの履修生(博士後期課程学生)を主とした、同学研究者ならびに千葉県立中央博物館分館海の博物館の川瀬裕司主任上席研究員との共同研究グループは、アマミホシゾラフグが幾何学模様を形作る原理の一端を、行動解析を基に計算機シミュレーションにて解明しました。...

2018年8月28日

絶対に安全な情報通信を実現する量子ドット技術の研究開発を推進

高効率な光子-電子インターフェースを提案

大阪大学産業科学研究所の大岩顕教授らの研究グループは、量子力学の原理で盗聴されたことが検知できる量子暗号通信や量子ネットワークをファイバー網で実現するため、量子通信を長距離化する量子中継技術の研究開発を推進しています。量子通信では長距離化が最重要課題ですが、まだ方式や有力なデバイスは確立していません...

工学系
2018年8月24日

高性能なカドミウムフリー量子ドットの開発

ディスプレイ・LED照明に革命をもたらす

大阪大学大学院工学研究科・桑畑進教授、名古屋大学工学研究科・鳥本司教授の研究グループは、カドミウムを含まずかつ色鮮やかな量子ドット蛍光体の合成に成功しました。 量子ドット蛍光体は実用されている他の蛍光・りん光材料を凌ぐ、きわめて単色性の高い(スペクトル幅の狭い)発光を示すのが特徴で、色鮮やかさを重...

2018年8月24日

負のミュオン素粒子で視る物質内部

世界最高計数速度の負ミュオンビームで長年の夢が実現

株式会社豊田中央研究所(豊田中研)の杉山純主監、大学共同利用機関法人高エネルギー加速器研究機構(KEK)物質構造科学研究所の下村浩一郎教授、国立研究開発法人日本原子力研究開発機構(JAEA)先端基礎研究センターの髭本亘研究主幹、国立大学法人大阪大学大学院理学研究科の二宮和彦助教、国際基督教大学の久保...

自然科学系
2018年8月24日

磁石中の『カエルの合唱』の観測に成功

量子コンピュータ開発や熱光エネルギー変換に向けて

カエルの合唱やホタルの集団発光など、一つの個体の行動に促されて集団全体で同じ行動をとる現象が、世界中に多く存在しています。磁石もそのうちの一つです。磁石を構成する一部の元素は、それぞれが小さな磁石となっており、それらが同じ向きに揃うことで、大きな磁石が得られます。これまで、隣...

»

Tag Cloud

back to top