»
日付で探す
研究組織で探す
工学系
2018年10月17日

有機半導体の高性能化に有望な含フッ素アクセプターユニット開発に成功!

大阪大学産業科学研究所の家裕隆准教授らの研究グループは、石原産業株式会社、ドイツマックスプランク高分子研究所のBlom教授らと共同で、フッ素原子を導入した新規なアクセプターユニットの開発に成功し、これが有機薄膜太陽電池のn型半導体の構成ユニットとして有望であることを世界で初めて明らかにしました。 ...

生命科学・医学系
2018年10月16日

「動く遺伝子」を用いた網羅的遺伝子探索技術により脂肪肝からの肝がん発症に重要ながん遺伝子を同定

大阪大学大学院医学系研究科の小玉尚宏助教、竹原徹郎教授(消化器内科学)、米国MDアンダーソンがんセンターのニール・コープランド(Neal Copeland)教授らの研究グループは、動物個体内で網羅的にがん遺伝子を探索出来る新技術を用いてスクリーニングを行い、脂肪性肝疾患からの肝がん発症にHippo(...

2018年10月12日

Wntタンパク質複合体の凝集と解離が情報の拡散範囲を規定する

細胞の社会の中で情報が拡散するためには

動物の組織や器官は数多くの細胞から成り立っています。各々の組織や器官には固有の形や機能がありますが、それらが作り出されかつ維持されるためには、細胞同士のコミュニケーションが欠かせません。Wnt(ウィント)に代表される情報分子(シグナルタンパク質)は、組織の中の特定の細胞から分泌され、周囲の細胞に受容...

生命科学・医学系
2018年10月12日

世界初!葉緑体成立の謎を解明

タンパク質の分解係からタンパク質の運び屋に

大阪大学蛋白質研究所の中井正人准教授らの研究グループは、茨城大学の中平洋一准教授、京都府立大学の椎名隆教授らとの共同研究によって、植物葉緑体で機能する2千種類を超える様々なタンパク質を葉緑体内へと運び入れる新奇で巨大な蛋白質輸送モーター複合体を見出し、その全ての構成因子を決定することに世界で初めて成...

生命科学・医学系
2018年10月9日

寄生虫感染により産生誘導される一酸化窒素が宿主免疫に悪影響

トキソプラズマ病原性因子GRA15による新規「ヒト」免疫抑制機構の解明

大阪大学微生物病研究所の山本雅裕教授(免疫学フロンティア研究センター兼任)らの研究グループは、トキソプラズマの病原性因子GRA15によって、宿主免疫系が強制的に活性化され一酸化窒素(NO)を産生させられることで、ヒトの抗トキソプラズマ免疫を抑制することを世界で初めて明らかにしました。 これまでマウ...

生命科学・医学系
2018年10月4日

肺癌に対する抗PD-1抗体治療中止後の治療効果持続メカニズムの一端が明らかに

大阪大学大学院医学系研究科の長彰翁大学院生、小山正平助教(呼吸器・免疫内科学)、独立行政法人国立病院機構刀根山病院上浪健医師(呼吸器腫瘍内科)、大阪市立大学大学院医学研究科藤本康介助教(ゲノム免疫学)らの研究グループは、Tリンパ球に抗PD-1抗体(ニボルマブ)が結合している状態をモニターする方法を開...

2018年9月28日

日本の常緑広葉樹は最終氷期をどこで生き延びたのか

遺伝的多様性の保全のための新しい根拠

国立研究開発法人森林研究・整備機構森林総合研究所(以下、森林総研という)は、大阪大学、岐阜県立森林文化アカデミー、筑波大学、京都大学、首都大学東京と共同で、日本の常緑広葉樹林の主要な樹木であるスダジイが、約2万1千年前の最終氷期最寒冷期に、暖かい南西諸島や九州南部だけでなく、比較的寒い日本海および東...

2018年9月26日

細胞内1分子自動観察システム「AiSIS」

顕微鏡操作、細胞認識、1分子観察を人工知能で完全に自動化

理化学研究所(理研)生命機能科学研究センター細胞シグナル動態研究チームの安井真人研究員、廣島通夫上級研究員、上田昌宏チームリーダー(大阪大学大学院生命機能研究科教授)、開拓研究本部佐甲細胞情報研究室の佐甲靖志主任研究員らの研究チームは、人工知能(AI)を組み込み、「細胞内1分子イメージング」を完全自...

2018年9月26日

世界初!宇宙空間でプラズマの波を介した粒子のエネルギー輸送を実証

このたび、東京大学理学系研究科の北村成寿特任研究員(論文投稿時は国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙航空プロジェクト研究員)、名古屋大学宇宙地球環境研究所の小路真史特任助教、三好由純教授及び大阪大学大学院理学研究科の横田勝一郎准教授(論文投稿時は国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(...

自然科学系
2018年9月26日

強磁場を導入しレーザー核融合プラズマの効率的加熱に成功

レーザー核融合エネルギーの実現に前進

大阪大学レーザー科学研究所(所長 兒玉了祐)の坂田匠平特任研究員、藤岡慎介教授らの研究グループ及び、広島大学工学研究科、米国ネバダ大学リノ校、レーザー技術総合研究所、東北大学工学研究科、自然科学研究機構核融合科学研究所、光産業創成大学院大学、仏国ボルドー大学高強度レーザー応用研究センター所属の研究者...

»

Tag Cloud

back to top