« »
日付で探す
研究組織で探す
2015年11月24日

世界初!不思議な量子液体の挙動を明らかに!

物理学の未踏領域へ

小林研介(大阪大学大学院理学研究科教授)、Meydi Ferrier(メイディ フェリエル:同理学研究科特任研究員およびパリ南大学講師)、荒川智紀(同理学研究科助教)および秦徳郎・藤原亮(同理学研究科大学院生)らは、小栗章(大阪市立大学大学院理学研究科教授)および阪野塁(東京大学物性研究所助教)らの...

2015年11月20日

広域分散システムの検証が可能な評価基盤を開発

複雑・同時多発的な災害や障害を想定した訓練が可能に

大阪大学情報推進本部・サイバーメディアセンターの柏崎礼生助教、中川郁夫招聘准教授、金沢大学の北口善明助教、奈良先端科学技術大学院大学の市川昊平准教授、広島大学の近堂徹准教授、高知工科大学の菊池豊教授らの研究プロジェクトは、地理的に離れた複数のコンピュータをネットワークで結合して構築する広域分散システ...

2015年11月10日

高温高圧力下における流体水素のプラズマ相転移を観察

木星の内部構造の再現に成功、常温超伝導にも一歩近づく

東京工業大学大学院理工学研究科の太田健二講師と大阪大学大学院基礎工学研究科附属極限科学センターの清水克哉教授らの研究グループは、水素を高温高圧下においても周囲の物質との化学反応なく安定して保持する技術を開発した。この技術を利用して、公益財団法人高輝度光科学研究センターと共同で行った高温高圧実験によっ...

2015年11月9日

体の左右を決める繊毛の構造解析とコンピューターシミュレーションにより繊毛が回転運動するしくみを解明

東京農工大学大学院工学研究院生命機能科学部門の篠原恭介特任准教授と大阪大学大学院生命機能研究科の濱田博司教授は、北京理工大学、大阪大学超高圧電子顕微鏡センター、理化学研究所ライフサイエンス技術基盤研究センターと共同で体の左右非対称性を決める繊毛の回転運動のメカニズムを明らかにしました。これまでに実験...

2015年11月9日

世界初!有機導体に発現するクーロンブロッケイド伝導を発見

有機、分子デバイスの物性理解、設計に大きく役立つ成果

大阪大学大学院工学研究科精密科学・応用物理学専攻の赤井 恵 助教と 桑原 裕司 教授のグループは、有機導電性材料内におけるクーロンブロッケイド伝導を世界で初めて証明しました。 有機導体は一般的に構造が不規則なものが多く、電荷は伝導性の高い部分から次の高い部分へと飛び移らなくてはなりません。その時に...

2015年11月6日

スピン流を用いて磁気の揺らぎを高感度に検出することに成功

スピン流を用いた高感度磁気センサへ道

東京大学物性研究所の新見康洋助教(研究当時、現:大阪大学大学院理学研究科准教授)、大谷義近教授、日本原子力研究開発機構 先端基礎研究センターの前川禎通センター長らの研究グループは、磁気の乱れが強い「スピングラス」と呼ばれる状態に、純スピン流を注入することで、超伝導量子干渉素子(SQUID)を用いた磁...

2015年11月5日

量子情報処理の研究へ大きく貢献!2個のフォノンの量子干渉観測に成功

世界的に研究が進む注目装置:イオントラップを用いた成果

大阪大学大学院基礎工学研究科の占部伸二名誉教授および豊田健二助教らの研究グループは、電荷を持つ粒子を空間的に閉じ込める装置:イオントラップ中の極低温状態の2個のカルシウムイオンを用いて、物質の振動を表す粒子:フォノン 2個の量子的な干渉を、意図したタイミングで観測することに成功しました。2個の粒子を...

2015年10月28日

コンピュータで技を伝承する基礎技術を開発

動きのビッグデータから人工知能技術を使って運動技能の獲得を支援する

国立大学法人筑波大学 システム情報系 山際伸一准教授らの研究グループは、国立大学法人大阪大学 産業科学研究所 河原吉伸 准教授とミズノ株式会社(大阪)と共同で、スポーツの技を獲得するためのヒントを、動きを捉えたセンサーや映像のデータを多数収めた、いわゆる「動きビッグデータ」から、目標とする理想の動き...

2015年10月23日

3次元時空の量子重力理論の厳密計算に成功

ミクロの世界から宇宙まで、その成り立ちを理解する根源理論の成果

飯塚 則裕(大阪大学大学院理学研究科助教)は、田中 章詞(研究開始時大阪大学大学院生、現在は理化学研究所基礎特別研究員)、寺嶋 靖治(京都大学基礎物理学研究所助教)との共同研究により、宇宙定数が負の場合、3次元(空間2、時間1次元)の量子重力理論(現代物理学の2大柱:量子力学とアインシュタインの一般...

2015年10月15日

エネルギー消費・削減意識と密接に関連する規定要因が判明

家庭での省エネ促進に向けた政策デザイン考案につながる成果

大阪大学環境イノベーションデザインセンターの原 圭史郎 特任准教授らのグループは、吹田市との連携のもと、2009年に消費行動や削減意識に関するアンケート調査を実施していたことを踏まえ、東日本大震災後の2013年に、2009年と同一内容で比較検討できるアンケート調査を実施し、世帯ごとの電力・都市ガスの...

« »

Tag Cloud

back to top