日付で探す
研究組織で探す
2013年11月29日

ものづくりに向けた微生物代謝の最適化手法を開発

代謝シミュレーションを用いて遺伝子操作のターゲットを予測する

大阪大学情報科学研究科の清水浩教授と理化学研究所生命システム研究センターの古澤力チームリーダーのグループは、微生物を利用したものづくりに向けた代謝予測の方法を、世界に先駆けて開発しました。この方法によって、微生物に有用化合物を生産させるために必要な遺伝子操作の組み合わせを予測することが可能となります...

2013年10月1日

人工細胞を使って膜たんぱく質を「進化」させる技術の開発

JST課題達成型基礎研究の一環として、大阪大学 大学院情報科学研究科 四方哲也教授、工学研究科 松浦友亮准教授の研究チームは、人工細胞※1を用いて膜たんぱく質を実験室で「進化」させることに成功しました。 変異と選択を繰り返すというダーウィン進化を実験室で再現し、生体高分子であるたんぱく質の性質を改...

2013年1月24日

生物の「ゆらぎアルゴリズム」を仮想ネットワーク制御技術に世界で初めて適用

大規模災害時の早期復旧・サービス継続を可能とする世界初のネットワーク制御技術を開発

日本電信電話株式会社(NTT)、大阪大学、電気通信大学は共同で、生物学の知見に着想を得た「ゆらぎアルゴリズム」を仮想ネットワーク制御へ適用する事に世界で初めて成功しました。本技術を適用する事で、事前に予期できない災害・重大な事故が発生した場合において、迅速にネットワークを復旧することが可能となります...

Tag Cloud

back to top