日付で探す
研究組織で探す
2020年2月25日

社会の思考を深め、科学・医療を前に進める。

医学系研究科・教授・加藤和人

ES細胞(胚性幹細胞)やiPS細胞(人工多能性幹細胞)などから作成した組織や臓器を患者に移植し、損なわれた機能の回復を図るのが「再生医療」の狙いだ。生命科学の進歩が扉を開いた「夢の医学」だが、将来はヒトの精子や卵子をつくることも可能になるかもしれない。また近年では遺伝子をピンポイントで改変できる「ゲ...

2020年2月25日

「再生誘導」とは?皮膚の難病研究から明らかになった 「再生」のメカニズム

医学系研究科・寄附講座教授・玉井 克人

生まれつき皮膚がはがれやすく、やけどを負ったような水ぶくれや、ただれが全身に広がる「表皮水疱症」という遺伝性の難病がある。赤ん坊のころから繰り返し皮膚がはがれ、手足の指が癒着してしまうなどのつらい病気だが、有効な治療法はない。 大阪大学医学系研究科の玉井克人寄附講座教授(再生誘導医学寄附講座。以降...

2020年2月25日

失った歯周組織を再生させる薬-普通と思っている生活を、普通に送るための医療を-

歯学研究科・教授・村上伸也

「全世界で最も患者が多い病気は歯周病である。地球上を見渡しても、この病気に冒されていない人間は数えるほどしかいない」。ギネスブックにこう書かかれている。軽度のものも含めると、日本でも成人の8割が歯周病にかかっているとされ、中高年以降の人が歯を失う原因のトップである。すぐさま命に関わる病ではないが、Q...

2020年2月25日

気まぐれな「細胞」を安定的につくり、安価で患者に届けるには?コトづくりで再生医療技術の産業化へ。

工学研究科・教授・紀ノ岡正博

iPS細胞(人工多能性幹細胞)などからつくった目の網膜や心臓の筋肉、神経などを移植して、損なわれた機能の回復を図る「再生医療」が急速に進展している。これまで根治するのは無理とされてきた難病の治療に道をひらくものとして世界中で開発競争が繰り広げられている。だが「生きもの」である細胞を用いた治療には、既...

2020年2月25日

患者の視力を取り戻せ。角膜上皮細胞シート移植、そして眼球の再現へ。

医学系研究科・教授・西田幸二

ⅰPS細胞(人工多能性幹細胞)で角膜上皮細胞シートを作り、角膜に疾患のある患者さんへの移植を世界で初めて行った西田幸二教授。これまでに、ⅰPS細胞を使い眼を構成するそれぞれの細胞の発生を二次元で再現することにも世界で初めて成功している。さらに血管内皮幹細胞の発見など、数々の世界的な成果を挙げているが...

2020年2月25日

iPS細胞は手段のひとつ。患者を救うため医療の限界を超えていく。

医学系研究科・教授・澤芳樹

薬も効かない重症の心不全の患者さんを助ける方法に人工心臓や心臓移植などがある。しかし人工心臓は長く装着していると血栓ができるなどの問題があり、現在は心臓移植を待つ間の「つなぎ」という位置付けだ。ではその心臓移植はといえば、ドナー(提供者)が圧倒的に足りないという現状がある。心不全は日本人の死因の第2...

2020年2月25日

AIネットワーク化が進展する社会に求められる法整備 ―誰もが安心して公平に使える社会に向けて―

法学研究科・教授・福田雅樹

総務省の官僚としてAI(人工知能)を巡る諸問題に取り組んできた、大阪大学大学院法学研究科の福田雅樹教授は、AIのネットワーク化が進展する社会に必要な法整備などについて研究している。福田教授は、ネットワーク化が進展する社会を考える上でのキーワードとして「包摂」を挙げた。その意味することとは。...

2020年2月25日

免疫をコントロールし、1型糖尿病やがんを治療 期待が高まる制御性T細胞の臨床応用

栄誉教授・免疫学フロンティア研究センター特任教授(常勤)・坂口 志文

免疫は侵入した細菌やがん化した細胞を攻撃し体を守ってくれるが、過剰に働くと1型糖尿病や関節リウマチのような自己免疫病やアレルギーを発症してしまう。「免疫を抑えるリンパ球があるはずだ」との信念で研究を続け、「制御性T細胞」を発見した大阪大学免疫学フロンティア研究センターの坂口志文栄誉教授(以降、教授)...

2020年2月25日

【ちょっとミミヨリ健康学】高血圧:血圧高めからの管理が大事

医学系研究科・老年・総合内科学・教授・楽木宏実

身近な健康・医療情報を、大阪大学の研究者がちょっとミミヨ リとしてお届けするコラム。...

2020年2月25日

「再生の医学」~“志”のスペシャリテ 6選~

ResOU大型特集第一弾

Tag Cloud

back to top