日付で探す
研究組織で探す
2018年11月2日

オキシダントによる大気汚染から日本を守る

工学研究科・教授・近藤 明

日本では、大気汚染の原因となる汚染物質が排出されることは少なくなりました。それでも日本の空がきれいにならないのはなぜでしょう? それは空には国境がないからです。大気汚染を根本から防止する取り組みとは?...

2018年10月5日

ロボットを賢くするための方法とは

工学研究科・教授・駒谷 和範

人と会話できるロボットの開発が進んでいます。あらかじめプログラムした言葉の意味は何万語でも理解できますが、ロボットには弱点があります。その弱点とは? ロボットが人と会話する上で鍵になるのは何でしょう?...

2018年9月21日

「人間を知る道具」としてのロボット

工学研究科・教授・浅田 稔

ロボットを使って人間とは何か?を探るのが、認知発達ロボティクスという学問です。人間に備わっている「知能」特に言語習得能力はどのようにして生まれるのか? 「人間」という大きな謎に挑む学問を紹介します。...

2018年8月31日

納豆由来の力で肌をいつまでも美しく健やかに

工学研究科・教授・宇山 浩

あなたは納豆は好きですか? 実は納豆のネバネバ成分に含まれる「γ(ガンマ)‐ポリグルタミン酸」という物質は、高分子物質で多様な性質を兼ね備えた魅力の成分なのです。その幅広い、驚くべき応用分野とは?...

2018年8月29日

わかってくれるコンピュータ~無意識コンピューティングの世界~

情報科学研究科・准教授・伊藤 雄一

●コンピュータと人との新たな関係 ●あなたの知らぬ間に行動を取得・解析 ●異分野との連携で行動を変える...

2018年8月27日

環境共生住宅を維持するための意外な落とし穴

工学研究科・教授・横田 隆司

自然に囲まれ、省エネも狙った環境共生住宅が、積極的に建てられた時期がありました。ところが実際は、よいことばかりではありません。中には環境共生型住宅だと知らずに住んでいる人までいるのです。それはなぜ?...

2018年7月20日

「表面」をつくる、精密科学が生んだ世界最小のX線ビーム

工学研究科・教授・山内 和人

物質の表面の原子をコントロールして平らな表面をつくる研究が進んでいます。その精度は東京-大阪間約500kmを段差5mm以下の平地にするのに匹敵。超高精度で極小の世界を解明する技術の可能性に迫ります。...

2018年6月25日

医学と工学の架け橋となる中性子の新たな可能性

工学研究科・教授・村田 勲

●エネルギー分野と深く関わる中性子 ●画期的ながん治療、「ホウ素中性子捕捉療法」 ●中性子を医療という新たなステージで活用...

2018年5月21日

廃校となった小学校をどう活用すればいいか

工学研究科・教授・横田 隆司

子どもたちの徒歩圏内にあり、6年間通う小学校は、地域の大切な拠点でもあります。ところが少子化が進み、各地で小学校で統廃合が行われています。廃校となった校舎を再利用する試みについて、考えてみましょう。...

2018年4月27日

人間と自然に会話できるロボットをつくる

工学研究科・教授・駒谷 和範

人と自然に会話できるロボットをつくるためには、何が必要なのでしょう? 人と比べるとロボットには弱点もあります。そんな弱点を克服して、人と会話するロボットを実現するための、必要な機能や技術に迫ります。...

Tag Cloud

back to top