mass political behavior

2018年6月28日
政策への活用をめざした データにもとづく仮説検証〜データ分析から社会を読み解く〜【国際公共政策研究科・准教授・松林哲也】

「エビデンスに基づく政策形成(evidence-based policy making)」という原則が注目を集めている。アメリカで政治学を学び、研究を進めてきた松林准教授は、学術研究において重要なことは因果関係を明らかにするようなエビデンスを積み重ねていくことだと考える。...

Tag Cloud

back to top