in vivoイメージング

2016年6月7日
骨を溶かす細胞の機能を動物の体内で可視化

大阪大学免疫学フロンティア研究センターの菊地和也教授(工学研究科)、石井優教授(医学系研究科)らの研究グループは、破骨細胞が実際に骨を溶かしている部位を可視化する蛍光プローブを作製し、独自に開発した生体2光子励起イメージング装置を用いて、in vivo(生体そのまま)における破骨細胞の機能評価に成功...

Tag Cloud

back to top