骨芽細胞

2018年7月17日
骨を極めることで歯科医療に貢献したい〜骨や軟骨が作られるメカニズムを探究〜【歯学研究科・准教授・波多賢二】

波多賢二准教授は、一時、歯科医として患者の治療にあたっていたが、次第に骨を研究する面白さにとりつかれ、研究者に転向した。専門は分子生物学で、骨の発生や形づくりに必須の軟骨組織の重要性に注目して、遺伝子レベルでの研究を進めている。...

2018年1月19日
骨を造る細胞と骨を溶かす細胞の生きた相互作用を世界で初めて可視化!

大阪大学大学院医学系研究科の石井優教授(免疫細胞生物学)らの研究グループは、組織深部の観察が可能な2光子励起顕微鏡を用いて、生きたままの骨の内部を観察し、新しい骨を造る“骨芽細胞”と古い骨を溶かす“破骨細胞”を同時に可視化する技術を開発しました。その結果、生体骨組織内において、骨芽細胞と破骨細胞が直...

Tag Cloud

back to top