骨格転位反応

2016年4月7日
新しい熱活性化遅延蛍光材料の開発に初めて成功!

大阪大学大学院工学研究科応用化学専攻の武田洋平准教授、岡崎真人氏(大学院生)、南方聖司教授と英国ダラム大学物理学科のPrzemyslaw Data(プシュミシュワフ データ)博士およびAndrew P. Monkman(アンドリュー P. モンクマン)教授らの国際共同研究チームは、緑~赤色発光を示す...

Tag Cloud

back to top