配位結合

2013年2月7日
金属-分子相互作用で物体の着脱に成功

大阪大学大学院理学研究科・基礎理学プロジェクト研究センター長 原田明教授らは、アミノ酸と金属錯体をそれぞれ導入した高分子材料が「配位結合」を介して、センチメートルを超える大きさに集積できることを発見しました。私たちは、この分子レベルで起こっている配位結合を利用して、私たちの目で直接見ることのできる大...

Tag Cloud

back to top