遺伝・染色体動態

2020年5月1日
「がん遺伝子」として働くのか?組換え酵素 Rad52 が染色体異常を引き起こすことを発見

大阪大学大学院理学研究科の中川拓郎准教授らの研究グループは、東京工業大学科学技術創成研究院の岩崎博史教授、情報・システム研究機構国立遺伝学研究所の仁木宏典教授、明星大学理工学部の香川亘教授との共同研究により、組換え酵素Rad52が反復配列を介した染色体異常を引き起こすことを明らかにしました。 ...

2018年7月12日
世界初!テロメアによるDNA複製の四次元的制御を解明

大阪大学大学院理学研究科の小川志帆特任研究員と升方久夫教授(現:名誉教授)らの研究グループは、染色体末端テロメアに結合するタンパク質群が、染色体内部の複製開始点をテロメアに引き寄せるしくみを使って複製開始時期を制御することを世界で初めて明らかにしました。 テロメアは、細胞分裂の度に短くなり、しまい...

2015年5月18日
世界初! 多細胞動物が外来DNAから細胞を守る仕組みを発見!

大阪大学大学院理学研究科の表迫竜也研究員、小沼健助教、西田宏記教授の研究チームは、脊索動物ワカレオタマボヤにDNAの断片配列を導入することによりウイルス等から細胞を守るために、導入された遺伝子の働きを特異的に抑える仕組みを発見しました。この現象はDNA interference(DNAi)と呼ばれ、...

Tag Cloud

back to top