菅原康弘

2017年4月12日
世界初!固体表面の力分布をサブ原子スケールで 3D ベクトル表示

大阪大学大学院工学研究科の内藤賀公助教、李艶君准教授、菅原康弘教授らの研究グループは、原子間力顕微鏡法を用いて、カンチレバー探針と固体表面間に働く力の表面垂直成分と水平成分を同時に取得し、力をベクトル量として計測する技術を開発しました。 ナノスケール計測において、これまで“力”のような方向性を持つ...

Tag Cloud

back to top