脊髄小脳変性症

2020年5月27日
神経難病ポリグルタミン病の新しい治療薬候補を発見

大阪大学大学院医学系研究科 永井義隆寄附講座教授(神経難病認知症探索治療学)の研究グループは、新潟大学脳研究所脳神経内科学兼脳研究所所長小野寺理教授、国立精神・神経医療研究センター(NCNP)神経研究所和田圭司所長(現顧問)、同疾病研究第四部皆川栄子研究員、ポピエルヘレナ明子研究員(現・東京医科大学...

2014年6月20日
ALS等の発症の鍵を握る蛋白質Ataxin-2の機能を特定

大阪大学大学院医学系研究科の河原行郎教授らの研究グループは、筋萎縮性側索硬化症(ALS)、遺伝性脊髄小脳変性症2型(SCA2)、パーキンソン病などの複数の神経変性疾患の発症の鍵を握るAtaxin-2蛋白質の機能を明らかにしました。これまでAtaxin-2は神経変性疾患に関連することは知られていました...

Tag Cloud

back to top