組換え

2020年5月1日
「がん遺伝子」として働くのか?組換え酵素 Rad52 が染色体異常を引き起こすことを発見

大阪大学大学院理学研究科の中川拓郎准教授らの研究グループは、東京工業大学科学技術創成研究院の岩崎博史教授、情報・システム研究機構国立遺伝学研究所の仁木宏典教授、明星大学理工学部の香川亘教授との共同研究により、組換え酵素Rad52が反復配列を介した染色体異常を引き起こすことを明らかにしました。 ...

2019年4月8日
遺伝子の入れ換えをコントロールするメカニズムを解明

大阪大学蛋白質研究所の篠原彰教授、松嵜健一郎助教(当時。現近畿大学農学部助教)らの研究グループは、ヒト・マウスにおいてDNA交換反応の相同組換えがアクセル因子とブレーキ因子の相互作用と協調的な働きによって調節されていることを世界で初めて明らかにしました。 生体内でのDNA同士の交換反応である相同組...

Tag Cloud

back to top