細胞遊走

2016年1月19日
皮膚の傷の治癒効果を高める物質を発見

大阪大学産学連携本部ピアス皮膚再生技術共同研究部門の藤田 浩祐招へい研究員、前田 明人特任教授らのグループは、植物由来ポリフェノールであるシンナムタンニンB-1がマウス体内にて間葉系幹細胞(MSC)を血流中へ動かし、傷部位に集積させ、皮膚損傷の治癒効果を高めることを明らかにしました。 また、シ...

2015年2月4日
細胞遊走を制御する蛋白質を同定!

大阪大学大学院医学系研究科生化学・分子生物学講座(医化学)の塚本蔵助教らの研究グループは、AMPK賦活化によりリン酸化 され、細胞移動運動を抑制する蛋白質Pdlim5を同定し、AMPK活性化による抗動脈硬化作用・抗癌作用の仕組みの一端を解明しました。AMPKによるPdlim5の177番目のセリンのリ...

Tag Cloud

back to top