神経病態免疫学

2014年11月14日
多発性硬化症で神経が傷つけられる仕組みを解明

大阪大学大学院医学系研究科解剖学講座(分子神経科学)の山下俊英教授らは、独立行政法人科学技術振興機構(JST)戦略的創造研究推進事業の一環で多発性硬化症で中枢神経が傷つけられるメカニズムを発見しました。 多発性硬化症は免疫系の異常によって中枢神経に炎症が生じ、神経が傷つけられる難病で、手足の麻痺や...

Tag Cloud

back to top