神経回路網

2017年8月22日
傷ついた神経回路を修復させる仕組みを解明

大阪大学大学院医学系研究科の村松里衣子准教授(分子神経科学、免疫学フロンティア研究センター兼任)、山下俊英教授(分子神経科学、免疫学フロンティア研究センターおよび生命機能研究科兼任)らの研究グループは、膵臓から産生されるホルモン様物質が脳や脊髄の神経回路を修復することを明らかにしました。 様々な脳...

2016年12月13日
発達期の脳神経回路形成研究に新展開

大阪大学大学院医学系研究科の木村文隆准教授(分子神経科学)らの研究グループは、神経回路ができていく時に、先にできた余分な回路を整理しながら、それが足がかりとなって、新たな回路の形成を促す可能性があることを見出しました。 神経回路ができるときには、最初はしばしば広範囲に神経細胞が突起を伸ばし(投...

2016年6月30日
世界初!大麻が脳に悪影響を与えることを科学的に証明

大阪大学大学院医学系研究科解剖学講座(分子神経科学)の木村文隆准教授を中心とする研究グループは、大脳皮質の神経回路形成に複数のメカニズムが関与することを解明しました。同時に、大麻の有効成分でもあるカンナビノイドと類似した物質が回路形成に重要な働きをしており、不要な配線(シナプス)を刈り込むこと、つま...

2015年4月17日
脳内で記憶情報が割り当てられる仕組みの一端を発見

JST戦略的創造研究推進事業において、大阪大学 大学院医学系研究科分子行動神経科学の松尾直毅独立准教授(前京都大学白眉センター特定准教授)は、反復学習には脳内の同じ神経細胞の組み合わせが使われる仕組みが存在することを発見しました。 最近の研究から、記憶は、学習時に働いた脳内の一部の神経細胞群の...

2014年10月7日
脳の発達期、感覚刺激に応じて神経回路を強化する仕組みを発見

大阪大学大学院生命機能研究科細胞分子神経生物学研究グループ・早野泰史研究員(現所属:大阪大学医学系研究科研究員)、山本亘彦教授は、脳機能の基礎をなす神経細胞(ニューロン)によるネットワーク形成の研究において、視覚や触角などの感覚刺激によってネトリン4と呼ばれるタンパク質が大脳感覚領で分泌され、発達期...

Tag Cloud

back to top