神経化学

2020年8月27日
神経変性疾患を引き起こす異常伸長リピートRNA が分解される仕組みが明らかに

大阪大学大学院医学系研究科精神医学の森康治助教、河邉有哉さん(当時博士課程)、池田学教授らの研究グループは、前頭側頭葉変性症※1 や筋萎縮性側索硬化症※2 という難病を引き起こすC9orf72リピート延長変異をもつ患者さんの細胞で、異常に伸長したリピートRNAがRNAエクソソーム※3 により分解され...

2020年7月28日
神経細胞の発達の鍵はタンパク質のアルギニンメチル化修飾にあり!

生物の構成成分であるタンパク質は細胞内で恒常的に合成されています。アルギニンメチル化はタンパク質の修飾の一つであり、タンパク質の機能制御に関わっています。アルギニンメチル化の主要酵素であるPRMT1は全身の細胞内に存在していますが、タンパク質の加工や輸送を担うゴルジ体に対する役割は不明でした。 ...

Tag Cloud

back to top