神経伝達物質

2020年7月9日
世界初!量子計測とAI による新手法!神経伝達物質の高速検出・識別に成功

大阪大学産業科学研究所の小本祐貴助教、谷口正輝教授、鷲尾隆教授らのグループと、大阪大学大学院生命機能研究科の八木健教授らの研究グループは、神経伝達物質を単一分子レベルで検出・識別する手法を世界で初めて開発しました。 神経伝達物質は神経活動や疾患と関与するため、脳内の神経伝達物質の計測は重要です...

2016年11月16日
RNA編集が神経伝達物質の分泌を制御する

大阪大学大学院医学系研究科の三宅浩太郎大学院生、河原行郎教授(神経遺伝子学)らの研究グループは、RNA中の塩基のうち、特定のアデノシンをイノシンに置換するRNA編集と呼ばれる化学修飾が、ドーパミンなどの神経伝達物質の放出を制御していることを明らかにしました。 RNA編集は、ゲノムに載った遺伝情...

2016年6月30日
世界初!大麻が脳に悪影響を与えることを科学的に証明

大阪大学大学院医学系研究科解剖学講座(分子神経科学)の木村文隆准教授を中心とする研究グループは、大脳皮質の神経回路形成に複数のメカニズムが関与することを解明しました。同時に、大麻の有効成分でもあるカンナビノイドと類似した物質が回路形成に重要な働きをしており、不要な配線(シナプス)を刈り込むこと、つま...

Tag Cloud

back to top