社会医学

2019年3月1日
救急隊員が行う高度な救命処置の重要性を明らかに

大阪大学大学院医学系研究科の小向翔助教(医学統計学)、北村哲久助教(環境医学)とピッツバーグ大学の井澤純一リサーチフェロー(集中治療学講座)らの研究グループは、院外心停止患者に対する救急隊による高度気道確保の効果の評価について、新しい解析手法である「時間依存傾向スコア連続マッチング解析法」を用いて行...

2016年6月1日
誕生日前後の死亡リスクの増加傾向を明らかに

自殺は現代日本を特徴づける深刻な社会的問題であり、その予防は喫緊の課題です。大阪大学大学院国際公共政策研究科 松林哲也准教授とアメリカ・シラキュース大学リサーチアシスタントプロフェッサー上田路子は、死亡者の誕生日と死亡日の関係に注目し、1974年から2014年にかけての人口動態調査データを分析しまし...

Tag Cloud

back to top