物性Ⅱ

2016年1月30日
質量ゼロのディラック電子の流れを制御できる新しい磁石を発見

固体中の電子の運動が質量のない粒子として記述できるディラック電子系物質は、黒鉛の単原子層(グラフェン)を筆頭に、極めて高い移動度を持つため、次世代エレクトロニクスへの応用が期待されています。 今回、大阪大学大学院理学研究科 酒井英明准教授(研究開始時:東京大学大学院工学系研究科 助教)、東京大...

2015年11月9日
世界初!有機導体に発現するクーロンブロッケイド伝導を発見

大阪大学大学院工学研究科精密科学・応用物理学専攻の赤井 恵 助教と 桑原 裕司 教授のグループは、有機導電性材料内におけるクーロンブロッケイド伝導を世界で初めて証明しました。 有機導体は一般的に構造が不規則なものが多く、電荷は伝導性の高い部分から次の高い部分へと飛び移らなくてはなりません。その時に...

2014年12月2日
超伝導ゆらぎによる巨大熱磁気効果の発見

山下卓也 京都大学大学院理学研究科博士後期課程院生、住吉浩明 同院生、松田祐司 同教授、芝内孝禎 東京大学大学院新領域創成科学研究科教授(京都大学大学院理学研究科客員教授兼任)、藤本聡 大阪大学大学院基礎工学研究科教授は、芳賀芳範 日本原子力研究開発機構原子力科学研究開発部門先端基礎研究センター研究...

Tag Cloud

back to top