機能進化

2020年2月20日
1世紀前からの謎を解明!動物の左右をつくる新しい原理を発見

大阪大学大学院理学研究科生物科学専攻の小沼健助教、西田宏記教授らの研究グループは、脊索動物のワカレオタマボヤOikopleura dioica(以下、オタマボヤが、背腹の向きを決めるタンパク質(Bmp)を利用して、左右の違いをつくることを明らかにしました。Bmpには発生過程で神経形成を抑える働きがあ...

2019年6月7日
定説を覆す発見!分裂酵母が独特の核膜孔複合体アウターリング構造を持つことを解明

大阪大学大学院生命機能研究科の淺川東彦准教授、平岡泰教授の研究グループは、情報通信研究機構未来ICT研究所の原口徳子主任研究員の研究グループおよび大阪大学大学院理学研究科の小布施力史教授の研究グループとの共同研究で、分裂酵母の核膜孔複合体のアウターリング構造が、他の生き物で従来知られている構造とは全...

Tag Cloud

back to top