機能材料

2016年5月27日
「加熱」「すり潰し」で可逆的に発光する金化合物の合成に成功

大阪大学大学院理学研究科 今野巧 教授をはじめとする国際共同研究チームは、「加熱」と「すり潰し」により二段階の可逆な発光色変化を示す強発光性金錯体を合成し、その変換メカニズムを解明しました。この発光性材料の金(l)イオンは、一般的に用いられる「直線2配位」ではなく「平面3配位」の構造をもち、強発光性...

2014年7月17日
リチウムイオンがフラーレンの反応性を2400倍向上

大阪大学大学院工学研究科の小久保研准教授らは共同で、世界で初めてリチウムイオン内包フラーレン(Li+@C60の反応性を定量的に測定しました。その結果、リチウムイオンが入っていない通常のフラーレンC60と比較して、ディールス・アルダー反応の速度が約2400倍速くなるという、リチウムイオンの“分子内封入...

Tag Cloud

back to top